NEW

ミスエルテ「桜花賞直行」に疑問の声……見え隠れする超良血馬の”弱点”とは?

【この記事のキーワード】, ,

 この決断は英断なのか、それとも無謀なのか…。

 G1競走10戦を含む、14戦無敗の成績を残した傑物・フランケルの初年度産駒として大きな注目を集めているミスエルテ(牝3歳、栗東・池江泰寿厩舎)。一部スポーツ紙が伝えたところによれば、サンデーレーシングの吉田俊介代表が「一番いい状態で桜花賞に行くために直行します」と明かしたといい、前哨戦を経ずして次走がG1の桜花賞になる見込みだ。

 ミスエルテは、昨年デビューし、新馬戦、ファンタジーS(G3)で2連勝。勢いそのまま朝日FS(G1)に乗り込み、1番人気に押されるものの、サトノアレスらに破れ4着に終わっていた。

 今年はどのようなローテーションを組むのかに注目が集まっていたが、まさかの「初戦G1」というプランに対しては疑問の声が上がっている。通常ならば、桜花賞を見据える馬はその1カ月前に開催されるチューリップ賞(G3)などを経て参戦するパターンが多い。これまで、ミスエルテと同様のローテーションを組んだ馬はマヤノメイビー、レッドリヴェールなど過去に数頭いたが、好走はしたものの勝利までには至っていない。

 そのため、この陣営の決断には疑問の声が上がって当然だろう。まだミスエルテは敗北した朝日FSへの出走した際も、「なぜ2歳牝馬限定戦の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)ではないのか」が取り沙汰されていたこともある。出走するだけではなく、勝ち負けを争うレベルまで馬の状態を持っていくためにも、過不足なく手順を踏むことも重要だと思うのだが……。

ミスエルテ「桜花賞直行」に疑問の声……見え隠れする超良血馬の”弱点”とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声