NEW

東京新聞杯&きさらぎ賞の合計出走頭数はたった「18」!? エアスピネルとサトノアーサーの「異様な」高評価

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keibabokujou.jpg

 今週末に開催される東西の両重賞・東京新聞杯きさらぎ賞。その出走馬が木曜日の16時過ぎに確定したのだが、両レースの出走馬リストを確認して驚いてしまった。

 マイル路線のニューカマー・エアスピネルが出走する東京新聞杯の出走頭数は、かろうじて2ケタを超える10頭。対してクラシックの有力候補・サトノアーサーに注目が集まるきさらぎ賞は、なんと8頭でレースが行われることになったのだ。

 2つのレースを合計しても、たった「18」。大半の1レースあたりのフルゲートと同じ頭数である。毎週競馬をしていると、出走馬10頭前後の少頭数に出くわすことはたまにあるが、東西両重賞がともに10頭以下という事態はなかなか珍しい。

 東京新聞杯は一週前登録の段階で14頭が出走する予定だったが、そのうちシェルビー、シベリアンスパーブ、ダッシングブレイズ、トーキングドラムの4頭が回避。きさらぎ賞はもともと11頭と少なかったものが、ベルエスメラルダ、ムーヴザワールド、ワンダープチュックの3頭が回避したため、さらに数が減ってこれだけの少頭数になってしまったのだ。

 ちなみに、きさらぎ賞の「8」という数字は、ルージュバックが優勝した一昨年をはじめ、何度か前例があるものの、東京新聞杯が10頭以下で開催されたことは、過去20年で一度もない。さらに遡れば、ナルシスノワールが優勝した1992年には、今年と同じく10頭という例があったが、なんと25年も昔のことだ。

東京新聞杯&きさらぎ賞の合計出走頭数はたった「18」!? エアスピネルとサトノアーサーの「異様な」高評価のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!