NEW

フランケル×ウオッカ!デビュー間近も「名前ダサすぎ」と非難殺到……期待度激高も何故こうなったのかオーナーの「思惑」に迫る

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フランケル×ウオッカ!デビュー間近も「名前ダサすぎ」と非難殺到......期待度激高も何故こうなったのかオーナーの「思惑」に迫るの画像1

 歴史的名牝ウオッカの4番仔の「馬名」が明らかになったことで話題を呼んでいる。

 2007年の日本ダービー(G1)を制しただけでなく、翌08年と09年の年度代表馬に輝き、JRA顕彰馬として殿堂入りも果たしているウオッカ。現役引退後はアイルランドで繁殖生活を送っているが、ここまでの産駒は期待されていたほどの結果を残すには至っていない。

 しかし、今年の2歳馬としてデビューを迎える4番仔には、これまでになかった大きな手応えがあるようだ。

 その根拠は至って明確。ウオッカのこれまでの3頭の産駒はいずれもシーザスターズ産駒だったが、今回はフランケル産駒だからだ。フランケルといえば昨年、初年度産駒がデビューしたばかりだが、いきなりオークス馬のソウルスターリングを輩出。その能力も然ることながら、日本の競馬に高い適性を示していることもポイントだ。

 それもすでに、母を手掛けた栗東の角居勝彦厩舎に入厩済み。角居調教師も「これまでのウオッカの仔の中で、一番走りが軽い」と大きな手応えを感じているようだ。

 フランケル×ウオッカという組み合わせを見ただけでも大きな期待を隠せないが、ネット上の競馬ファンからは早くも「来年のクラシックはこの馬」「史上初の母息子ダービー制覇」など期待溢れるコメントで賑わっている。

フランケル×ウオッカ!デビュー間近も「名前ダサすぎ」と非難殺到……期待度激高も何故こうなったのかオーナーの「思惑」に迫るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!