NEW

武豊クリンチャー新コンビに賛否両論? 「電話無視」疑惑浮上だが、これも「キタサンブラック効果」か

【この記事のキーワード】, ,
武豊クリンチャー新コンビに賛否両論? 「電話無視」疑惑浮上だが、これも「キタサンブラック効果」かの画像1

 先日の京都記念(G2)で初重賞制覇を飾ったクリンチャー(牡4 栗東・宮本博厩舎)が、今後予定されている阪神大賞典(G2)と天皇賞・春(G1)を武豊騎手で臨むことがわかった。

 当サイトでは以前から、これまで騎乗してきた藤岡佑介騎手からの「乗り替わり」の可能性を報じていた(リンク)が、正式に発表される形となった。

 一部では同馬のオーナーである前田幸治氏の電話に「出ない」「折り返さない」という情報があり、宮本調教師も京都記念の前から「次乗れるかわからない」とこぼしていたという。オーナーとの軋轢が乗り替わりの原因なのだろうか。

「宮本調教師は『以前からオファーしていた』とメディアにコメントしており、武豊騎手を乗せようとしていたことを告白しています。確かに天皇賞・春8勝を誇る競馬界のレジェンドが空いているなら、乗せたいと思うのも自然なこと。

 キズナに代表されるように、武豊騎手とノースヒルズの関係も深いですからね。納得といえば納得ではあります」(現場記者)

 ただ、やはり京都記念の勝利、そして昨年の菊花賞2着などの好成績は、藤岡騎手の好判断によってもたらされた部分は大きい。ファンの間でも「これは納得いかない」「さすがにショック」「まあでも武さんならね」と複雑そうな声が多くなっているのが現状だ。

 今回に関しては「天皇賞を武さんで」という明確な理由があるものの、今後も新鋭の活躍馬が武豊騎手のところに行く、という動きは増えるかもしれない。

武豊クリンチャー新コンビに賛否両論? 「電話無視」疑惑浮上だが、これも「キタサンブラック効果」かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」