NEW

JRA三浦皇成「3着の呪い」? 近くて遠いG1初制覇

【この記事のキーワード】, ,
JRA三浦皇成「3着の呪い」? 近くて遠いG1初制覇の画像1

「本当に使うごとに良くなっている。それだけに勝てなかったのは本当に悔しいですね」

 三浦皇成騎手は、無念さをにじませつつレース後にこう語った。

 2日に行われたかしわ記念(G1)。レースはスタート直後からオールブラッシュがハナを主張。2馬身離れてモーニン、ベストウォーリア、ヒガシウィルウイン、ゴールドドリーム、そして1人気に支持されていた三浦騎手のインカンテーションが続く。最後の直線でオールブラッシュが逃げ切りを図るも、ゴールドドリーム、インカンテーションが外から迫る。最後は追い比べになったがゴールドドリームが抜け出して、貫禄の勝利。2着にオールブラッシュが入線し、インカンテーションは3着に終わった。

 三浦騎手は「リズムよく運べていたと思う」と話したものの、外枠だったため内の馬たちを見ながら競馬を展開しなければならず、「結果的に1番タフなレースをしていた」と枠に泣いたと振り返る。「返し馬の段階でフェブラリーS(G1)より状態が良かったのがわかった」とも語っていたため、悔しさもひとしおだろう。

 三浦騎手は今年、JRAのG1競争で騎乗馬が好走することも多いものの、いまだ勝利を収めたことはない。勝利をその手に掴み取りたい気持ちは誰よりも強いことだろう。

JRA三浦皇成「3着の呪い」? 近くて遠いG1初制覇のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  5. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  6. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  7. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦