NEW

JRA国枝師「アーモンドアイ馬なりで勝ってほしい」ドバイ挑戦絶大なる信頼。秋の「夢」に向かい、新たな歴史を刻む!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA国枝師「アーモンドアイ馬なりで勝ってほしい」ドバイ挑戦絶大なる信頼。秋の「夢」に向かい、新たな歴史を刻む!?の画像1

 日本時間30日深夜に行われる、ドバイワールドカップデー。世界の強豪が集う世界競馬の祭典だが、日本の「総大将」は、1800mのドバイターフ(G1)に出走するアーモンドアイ(牝4 美浦・国枝栄厩舎)だ。

 昨年牝馬三冠、さらにはジャパンCを世界レコードで制したアーモンドアイ。押しも押されもせぬ日本一の競走馬として力を発揮できるかに注目が集まる。

 アーモンドアイは3月20日に出国し、21日に到着。現地で調整中だ。「ギャロップ」の取材で国枝栄調教師は「日本でできることはやっておいた」「最終追い切りにはルメールにまたがってもらう」と、順調ぶりをアピールしている。

 1800mに関しても「休み明けだし1800mのほうが競馬はしやすい」とし、今回は外国馬の布陣が手薄なことから「むしろ強敵は日本馬」と、ともに走るディアドラ、ヴィブロスを警戒している。

 ただ、国枝調教師の自信に揺るぎはない。秋に出走可能性のある仏・凱旋門賞(G1)挑戦について問われると……。

JRA国枝師「アーモンドアイ馬なりで勝ってほしい」ドバイ挑戦絶大なる信頼。秋の「夢」に向かい、新たな歴史を刻む!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!