NEW

流行の野菜&果物ジュース健康法は危険!かえって肥満体質、人体に重大な悪影響の恐れも

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 今、海外セレブやモデルの間で「ジュースクレンズ」というダイエット法が流行しているという。これは「コールドプレス製法」という、素材の栄養素やうまみを壊さずにつくられた、野菜や果物のジュースを食事代わりにするものだ。


 このジュースクレンズは、ダイエットのみならずデトックスの効果もあるということで、女性を中心に注目を集めている。消化の負担が少ないジュースを摂ることで胃腸を休ませ、体内の毒素を排出する効果があるようだ。

 実践者の中には、「肌がきれいになった」「むくみや冷え性が改善された」という声もあり、手軽な健康および美容法としてブームの兆しを見せている。

 しかし、この方法には問題や危険はないのだろうか? 管理栄養士でフードコーディネーターの豊田美里氏に聞いた。

「野菜や果物のみの食生活になることについては、慎重であるべきです。海外の女優やセレブが『菜食でやせた』という情報をうのみにして真似するのは、大変危険です。女優やセレブの方々は、栄養士など専門家の指導を受けている場合が大半です。自己流の菜食は、栄養失調を招きかねません。

『3大栄養素』といわれるたんぱく質、炭水化物、脂質が不足すると、生命維持に重大な影響を及ぼします。ジュースクレンズを行う場合、『3日以内でやめるように』という指導がなされていますが、それ以上続けると大変危険でしょう。

 また、食生活が急激に変わると胃腸にかかる負担が大きく、思わぬ病気を引き起こす可能性もあります。ジュースクレンズを行う場合は『準備食』と『回復食』まで含めた食事計画をつくらなければなりません」(豊田氏)

太りやすい体質になり、体の老化が早まる恐れも


 自己判断で安易にジュースクレンズを行うことは、健康になるどころか、病気リスクを増やす要因にもなりかねないようだ。そもそも、特定の食品に偏った食生活を送ることについて、豊田氏は以下のように警鐘を鳴らす。

「ジュースクレンズは、『酵素』を体に取り入れることで体内をきれいにするという考え方です。確かに酵素は重要であり、現代人は不足しがちともいわれています。

 しかし、3大栄養素をはじめ、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカル、水と同じく、酵素は体にとって重要な栄養素のひとつでしかなく、不足しているからといって、酵素だけ摂取すればいいというものではありません。ほかの栄養素も摂りながら、酵素を補う食事をするべきです。

 また、炭水化物やたんぱく質などの必須栄養素を制限するダイエットは、簡単に体重を落とすことができますが、リバウンドの可能性が高いばかりか、健康を害する恐れもあります。

 炭水化物が不足すると、体は脂肪を蓄えようとすることがわかっており、かえって脂肪がつきやすい体質になるため、ダイエットをやめた途端に太る可能性が高まるのです。さらに、たんぱく質が不足すると、筋肉量が落ちて体の老化が早まる上、基礎代謝量が低下してエネルギーを消化しづらくなります」(同)