NEW

妻にバレずに20年間不倫、私はこうやって楽しんできた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 2013年の矢口真里をはじめ、今年もベッキー、桂文枝、ファンキー加藤、三遊亭円楽と、芸能人の不倫スキャンダルが止まらない。芸能活動が窮地に追い込まれる様子を目にしていると、「芸能人は不倫下手だ」と思わざるを得ない。なぜなら、どれもこれも「失敗する不倫」を地で行っているからだ。


 もちろん、不倫は決して許される行為ではないが、結婚後3年で始めて以来20年、妻にバレずに不倫を続けている“ベテラン”のライター・稲垣浩生氏が、以上5名の不倫騒動について「失敗した原因」を解説する。

ベッキー…不倫男の「別れて結婚する」は信用ゼロ!


 川谷絵音(ゲスの極み乙女。)と恋に落ちた時点では、彼に妻がいることは知らなかったというベッキー。それが本当なら同情を禁じ得ないが、問題はその後だ。「週刊文春」(文藝春秋)では、2人が離婚届のことを「卒論」と呼び、川谷がベッキーに「ちゃんと卒論書くから待ってて欲しい」と呼びかけるLINEのやりとりも報じられた。

「『妻と別れて君と一緒になる』という文句は、たいていの不倫男が口にするが、これは男性にとって禁句で、女性にとっても『信じてはいけない一言』です。なぜなら、付き合い始めの数カ月~半年は、禁断の恋に溺れて冷静な判断ができない状況だから。男は相手をつなぎ留めておきたい一心で口から出まかせを言うし、女もそれを信じてドロ沼に陥る。どの不倫も、これが一番の失敗パターンです」(稲垣氏)

 本当にその気があれば、すぐにでも行動に移すはずだが、いつまでたっても奥さんと別れる様子がない。それは、男にとって女性が単なる浮気相手でしかないからだが、心にもない嘘がボヤを大火事にしてしまうという。

「不倫において、相手に期待を持たせては絶対にダメ。むしろ『カミさんとは仲良しだ』と言ってもついてくる女性であれば、ゴタゴタすることなく長く付き合える可能性があります」(同)

「いや、そんなの金がないと無理だ」と感じるかもしれないが、稲垣氏はこう続ける。

「『金の切れ目が縁の切れ目』と言われる通り、金銭的な付き合いはあっけなく終わります。家は借家、クルマは10年乗っている中古車、スーツも数着しか持っていない私ですが、不倫している彼女に言わせると『常にポジティブ&アクティブで、人の悪口や愚痴を言わないところがいい』そうです」

 不倫に「財力や外見は無関係」だそうだ。