NEW

夫と子供を大事にする「普通の人妻」の不倫が激増…心が晴れやかになって家庭円満に

【この記事のキーワード】

, , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 若い独身女性が中年の既婚男性と恋に落ち、やがて本気になった女性が男性に離婚を迫り、苦悩する――。


 かつて、不倫といえばそんなイメージが大半を占めたが、現代では既婚で子持ち、さらに自らバリバリ働く30~40代の女性が婚外恋愛にハマり、冷静に淡々と不倫する現実があるという。彼女たちから出てくるのは、こんな言葉だ。

「私は離婚する気はない。いつまでセックスをできるかわからないんだから、できるときにしようと思う。結婚とセックスは別物なのに、一緒に考えすぎ」

「昭和60年代後半から平成生まれの男子って、性格がまっすぐで、私たちアラフォー女性をおばさん扱いしない。そこが魅力だと思います」

「バレても私には経済力があるし、慰謝料を請求されても、不倫の慰謝料なんてたかが50万~100万円。決して安い金額ではないけれど、それで自由になれるなら安いものだと考えてた」

 これらは、今年6月に出版された『不倫女子のリアル』(小学館/沢木文)からの一節である。今、既婚女性たちに何が起きているのか。都市型不倫の現況について、著者の沢木文氏に聞いた。

不倫女性の共通点「4K」とは?


--本書では9人の不倫女性のケースが紹介されていますが、取材では30人ほどの不倫経験のある女性から話を聞いたそうですね。

沢木文氏(以下、沢木) そこで浮かび上がってきたのが、「4K」というポイントです。不倫女性には「稼ぐ女」「キレイな女」「軽い女」「堅実な女」という共通項があります。それぞれ、詳しくは本書を読んでいただきたいのですが、背景には「女性の男性化」があると思います。

 一昔前は、いわゆる“エビちゃんOL”がモテた時代でした。彼女たちの目標は、合コンなどで愛玩されることでいい男性を見つけ、結婚したら専業主婦になることです。しかし、一方では自立の道を選び、仕事で嫌なことがあってもじっと耐えて生き抜く女性たちも増えました。

『不倫女子のリアル』(小学館/沢木文)
 そういった女性たちは必ずしも容姿端麗ではないのですが、内面の良さから、30歳ぐらいで結婚して出産する。その後も仕事を続け、人間的な魅力と社会的な存在感を増していきます。

--「稼ぐ女」に通ずるポイントですね。本書には、医師や年収1000万円の会社経営者など、経済的に自立した不倫女性が多く登場します。一方、「キレイな女」というのは、必ずしも美人という意味ではないのでしょうか。

沢木 もちろん、容姿の美しさもありますが、仕草や考え方の美しさも含まれます。実際、驚くほど“普通のおばさん”が次々と不倫を楽しんでいる現実があります。ぽっちゃり体型で垢抜けない服装、“昭和のお母さん”のような雰囲気で、いわゆる“美魔女”とは正反対のタイプです。しかし、清潔感や品の良さがある点は共通しています。

『不倫女子のリアル』

愛されたい女たちの逆襲がはじまった!?

ベッキー、宮崎謙介、桂文枝、乙武洋匡……。世間を騒がし、社会問題となりつつある“不倫”。今や芸能界以外でも不倫は横行、特に働く女性が主導権を握るケースが増えている。女性はなぜ不倫に走るのか。不倫するとなぜ世間からディスられるのか。円満な家庭でも不倫のリスクはあるのか。女性の社会進出とともに価値観や倫理観も変わってきた。実際に不倫をしている30~40代の女性へのインタビューを通して、都会型不倫の現況と社会的背景を探る。

amazon_associate_logo.jpg