NEW

解剖された遺体は、どう「処分」されるのか…「産業廃棄物」扱い?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
病理解剖後の臓器標本が産業廃棄物に!? 実習用の遺体は火葬されるのか?の画像1
病理解剖後の臓器標本が産業廃棄物に!?(depositphotos.com)

 みなさんは「解剖学」という言葉から、どのような事柄を想像されるだろうか。

 一括りに解剖学といっても、その内容は千差万別だ。筆者のように主に研究や教育を行う解剖学は、一般的に「解剖学教室」と呼ばれている。大学病院では、ほかにも解剖を行っている教室がある。

 ひとつ目は「法医学教室」だ。ここで行われる解剖は一般に「法医解剖」といわれ、テレビドラマなどでも取り上げられることがあるので、ご存じの方も多いだろう。

 ドラマの影響で「警察の捜査に参加している」と思っている方もいるかもしれないが、ここでは主に異常死をされた方々の死因の究明や、その方の死に至る過程を科学的に解明し、事件性の有無を調べたりもしている。

 2つ目は「病理学教室」だ。病気により変性した部位の確認をしたり、変化した生理機能を確認したりする、いわゆる「病理学」といわれる学問分野だ。主に検査や手術の時の検体を病理的な術式で確認して、その病因の解明に努めることが主な役割になる。

 また、患者さんが亡くなった場合に行われる解剖を「病理解剖」というが、これに関しても、数年前に連続ドラマになったのでご存じの方は多いだろう。

 このように解剖には、「解剖学教室」「法医学教室」「病理学教室」と、3種類の異なる解剖が存在する。

解剖された遺体は、どう「処分」されるのか…「産業廃棄物」扱い?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、火葬産業廃棄物科捜研の女解剖の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!