NEW

米議会調査局や英エコノミスト誌が警鐘を鳴らす、安倍総理の“もう一つの顔”とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 和中氏は日本国内で流れる情報だけで中国という国を捉える危うさを危惧しています。国際社会も警戒する日本の急速な右傾化、その流れの中で悪者に仕立てられているという中国。今一度、ニュートラルな視点を持って等身大の中国を見てみることは、日本で暮らす私たちに必要なことなのかもしれません。
(新刊JP編集部)

関連記事

元外交官が指摘する、中国が抱える2つのリスク
「中国五千年の歴史」は大嘘だった!? 中国の本当の姿とは
出された料理にハエ…日本人・中国人・韓国人の反応
尖閣問題、中国のヘリクツ

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

米議会調査局や英エコノミスト誌が警鐘を鳴らす、安倍総理の“もう一つの顔”とは?のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、中国安保安倍晋三の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事