この外販は、同業者の競争力を高めるリスクもあったが、自社だけでなく他社の成長をも促すことで、結果として市場全体が活性化するだろうとの思いから実行したことが吉と出た。

 シライ電子工業の創業50年の歴史が綴られた『感動の温もり、一生涯の宝―――出会いに感動、出会いに感謝』(白井治夫著、ダイヤモンド社刊)を読むと、「一難去ってまた一難」と思わずにはいられないほど、同社は数多くの苦境を乗り越えてきたことが手に取るようにわかる。

 企業経営に悩むマネジメント層の読者はもちろん、なんらかの「壁」に直面しているビジネスパーソンにとっても、勇気づけられる一冊といえるのではないだろうか。
(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。