NEW
渡邉哲也「よくわかる経済のしくみ」

在韓米軍、撤退の可能性…韓国、米国の庇護終了で北朝鮮の脅威強まる

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在韓米軍撤退、北朝鮮の脅威が増す可能性も


 言うまでもなく、戦時作戦統制権の問題は在韓米軍の存在と表裏一体だ。簡単に言えば、戦時作戦統制権の返還は在韓米軍の撤退を意味する。李政権も朴政権も、政府の軍コントロール能力不足を自覚していたからこそ、戦時作戦統制権の返還延期を求めていた。また、戦時作戦統制権が返還されれば、朝鮮半島における有事の抑止力も激減することは明白だ。

 しかし、文大統領は公約通り早期返還を求める構えだ。約2万8500人とされる在韓米軍が撤退すれば、韓国は北朝鮮や中国の脅威に直接的にさらされることになる。朝鮮半島情勢がさらに緊迫化することは避けられないだろう。

 文大統領は「条件が整えば平壌にも行く」と公言しており、6月末には初の米韓首脳会談も予定されている。THAADおよび戦時作戦統制権の問題が、朝鮮半島の命運を握っているのかもしれない。
(文=渡邉哲也/経済評論家)

●「渡邉哲也公式サイト

●公式ブログ「渡邉哲也(旧代表戸締役)の妄言

●公式メールマガジン「渡邉哲也の今世界で何が起きているのか

『メディアの敗北 アメリカも日本も“フェイクニュース”だらけ』

ローマ法王の警告「偽りの情報拡散は罪である」――

朝日・NHK・CNN・NYT(ニューヨーク・タイムズ)よ、よく聞け!

もう、世間は新聞・テレビの「作られた世論」に騙されない!

amazon_associate_logo.jpg

在韓米軍、撤退の可能性…韓国、米国の庇護終了で北朝鮮の脅威強まるのページです。ビジネスジャーナルは、連載、THAAD北朝鮮在韓米軍韓国の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事