NEW
多賀秀行「旅行しよう。」

南極vs.北極旅行、一生に一度行くならどっち? あらゆる面から徹底比較! 

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 一生に一度だけ、極地と呼ばれる北極南極に行けるとしたら、どっちがいいだろうか?

 極地を訪れるには、高額な費用だけでなく長期の休みも必要になるし、加えてげんなりするほど移動時間も長い。このように「行けない理由」を挙げればキリがないが、そのハードルを乗り越えた者にしか見られない風景が確かにある。北極と南極は、一生に一度の旅に相応しい格別な旅先といえるだろう。

 北極と南極の違い、そして魅力をお伝えするには、専門家の声が一番だ。そこで今回は、10年以上にわたって極地ツアーに携わっている、極地専門ガイドの伊知地亮さんに話を聞いた。一生に一度ならどっちの極地へ行くべきなのか。ぜひ参考にしてほしい。

南極と北極の違い


――南極と北極って、何が違うのでしょう?

伊知地亮さん(以下、伊知地) 南極が大陸であることに対して、北極は大陸ではないということが最大の違いです。南極の平均標高は2,000mを超え、陸地の大部分がぶ厚い氷に覆われていますが、北極は島などがあるとはいえ、海に厚さ1〜2mの氷が浮いている程度です。南極が立体的な場所である一方で、北極は平面的な場所であるといえます。そのため、氷が織り成す圧倒的な風景を見たいのであれば、絶対に南極がオススメです。また、南極の氷は降り積もった雪が凍った淡水のものですが、北極のそれは海水が凍ったものです。オンザロックでお酒を楽しみたいなら、断然南極の氷ですね。

――風景以外の違いはどういったものでしょう?

伊知地 見られる動物の種類です。代表的なところですと、南極ではペンギンやアザラシ、北極ではシロクマやセイウチなどが見られます。また、クジラはどちらでも見られます。風景だけでなく、野生動物との出会いも極地へ訪れる大きな動機のひとつでしょうから、ペタペタと歩くペンギンなのか、地上最大の肉食動物であるシロクマなのか、どういった動物を見たいのかにもよりますね。

――野生動物だけに、出会うのは難しかったりするのですか?

伊知地 まず氷の世界をイメージしがちな南極についてですが、実は夏の限られた間にのみ一部の地面が露出します。南極大陸の2%にすぎないその場所で、多くの動物が営巣地を築き、子孫を残していきます。そのため、狭い範囲に動物が集中しているので、私たちガイドからすれば、「あそこに行けばヒゲペンギンが見られる」「あそこだったらアデリーペンギンが見られる」といった具合で、ほぼ確実に目的とする動物へとご案内できます。

南極vs.北極旅行、一生に一度行くならどっち? あらゆる面から徹底比較! のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ツアー北極南極の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事