NEW
角谷リョウ「稼ぎがUPする“カラダ改造法”」

なぜトップアスリートは試合前にストレッチをしない?「身体が柔らかい」のデメリット

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 最近、「どこでもストレッチできる」「身体が簡単に柔らかくなる」といったタイトルの本がベストセラーとなっています。

 少し前になりますが、大きな話題になった『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』(Eiko/サンマーク出版)は、なんと100万部以上も売れたそうです。

 それほど多くの人が「身体を柔らかくしたい」と思っているわけですが、その裏には「身体は柔らかいほうがよい」という考え方があるからにほかなりません。

 しかし、身体の専門家からすると、実は身体が柔らかいことは良いことばかりではないのです。むしろ良くないこともたくさんあります。

 そこで今回は、「身体が柔らかくなるデメリット」を3つ紹介します。

・その1 筋力やスピードが落ちる

 身体が柔らかくなるのは、筋肉が、「伸びやすくなる」「長くなる」という2つが要因です。筋肉というのは、脳から指令が出ると縮むようになっています。筋肉が短く伸びにくいほうが力もスピードも出やすいのです。ですから、トップアスリートは試合前にほとんどストレッチを行いませんし、必要以上に身体を柔らかくすることもありません。

・その2 エネルギー効率が落ちる

 少しわかりにくいと思いますが、身体が柔らかいと、身体を安定させるためにエネルギーが必要になります。

 2010年に行われた日本抗加齢医学会の研究発表会で同志社大学の研究チームが発表した報告では、ジョギングをする場合、身体が柔らかい人は一般の人に比べて5%多くカロリーを消費するという報告がされています。

 逆に、身体の柔軟性が低い人は、一般の人に比べて5%少ないカロリー消費だったという報告がありました。ダイエットという観点であれば、同じ運動量でも消費カロリーが増えるのでダイエットには有利になります。

 しかし、これが競技になると話は変わります。競技では、少ないカロリーで多くの運動量が出るほうが有利になるからです。

なぜトップアスリートは試合前にストレッチをしない?「身体が柔らかい」のデメリットのページです。ビジネスジャーナルは、連載、アスリートストレッチ柔軟体操開脚の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事