NEW
法社会学者・河合幹雄の「法“痴”国家ニッポン」第12回

野田市小4虐待死、「母もDV被害者ゆえに逮捕は不要」は誤り…法で裁かれるべき

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
法社会学者・河合幹雄の「法“痴”国家ニッポン」

第12回 2019年1月、千葉県野田市小4虐待死事件、両親の責任はいかに問われるべきか?

 千葉県野田市で小学4年生の栗原心愛さん(10)が両親からの虐待によって2019年1月に自宅で死亡した事件。傷害の疑いで逮捕され、3月に傷害致死罪で起訴された父親の勇一郎容疑者(41)は、心愛さんに対して“しつけ”として日常的に暴行を加える、冷水のシャワーを浴びせる、十分な食事を与えないなどし、最終的に死に至らしめたとされています。前回の本連載「野田市小4虐待死、教育委員会のあり得ない大失態…悪質クレームには躊躇なく弁護士を」で触れたように、野田市教育委員会の不適切な対応が虐待をエスカレートさせてしまった可能性は否定できませんが、それにしても実の娘に対してなぜそこまで、というのが一般的な反応ではないでしょうか。

 虐待は、養育者が継父母である場合に発生しやすい、という統計データがあります。それを裏づける事例は、最近に限っても、3月に神奈川県横浜市で、重度のやけどを負った長女(3)に治療を受けさせず自宅アパートに放置したとして実母(22)と同居の男(21)が逮捕された事件など、枚挙にいとまがない。虐待におけるそうした傾向は一般にもよく知られているだけに、実子と報じられている心愛さんに対する勇一郎容疑者の行為は、まさに鬼畜の所業として、社会に衝撃をもって受け止められたようです。

 他方、勇一郎容疑者と同じく傷害容疑で逮捕され、2019年3月に傷害ほう助罪で起訴された母親のなぎさ容疑者(32)についていえば、世間一般の評価は割れている。「母親なら命に代えても子どもを守るべき」といった批判が多く見受けられる一方で、DV被害者を支援するNPO法人「全国女性シェルターネット」が「母親は保護されるべきDV被害者であり、逮捕されるべき容疑者ではない」との声明を出すなど、擁護する声も少なくありません。

 では、犯罪学の立場から見たとき、今回の両親の行為とそれに対する司法の処遇はどのように評価されるのか。今回はそのあたりについて考察したいと思います。

「Getty Images」より

野田市小4虐待死、「母もDV被害者ゆえに逮捕は不要」は誤り…法で裁かれるべきのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事