NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

引退のイチローが“打てなくなった”原因…体に見えた老化の兆候

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツ選手の“ケツ断”


 これを応用した漢方薬が「八味地黄丸」である。文字通り8つの生薬より成っており、そのうち5つまでが山薬(山芋のこと)のほか、地黄、附子、沢潟など、植物の根なのである。八味地黄丸は「足脚の痛み、しびれ、冷え、(夜間)頻尿、目の疲れ、老眼、白内障、耳鳴り、冬の肌の乾燥、気力・体力の低下」など、あらゆる「老化がもたらす症状」によく効く。

 細身のイチロー選手の腕は今でも丸太棒のごとく太くたくましい。この腕でバットを使いピッチャーの投げる球を打つのが打者の仕事ではあるが、微妙なバットコントロールに大きく影響するのが、腰、尻、太もも、下腿、足のいわゆる下半身の筋力である。

 この下半身の筋力を優先的に鍛え、若い頃のようにパンパンに張ったお尻を保ち続け、ついでにニンジンやゴボウでつくるキンピラやとろろそばを常食し、八味地黄丸を服用されていたら、イチロー選手はひょっとしたら50歳まで現役を続行できたかもしれない。

 蛇足ではあるが、昨年の正月、大相撲の元大関小錦が私が運営するニンジンジュース断食保養所に来られた。そのとき、「小錦さん、力士は尻の肉が削げ落ちたと感じたとき、引退を考えるそうですね」と申したら、「はい。私もそれで“ケツ断”しました」とおっしゃった。「小錦さん、日本語がお上手ですね」と言って、互いに哄笑したものだ。

 ちなみに、小錦さんは15日の滞在で15kgの減量に成功された。といっても、チェックイン時が190kgであったが……。
(文=石原結實/イシハラクリニック院長、医学博士)

引退のイチローが“打てなくなった”原因…体に見えた老化の兆候のページです。ビジネスジャーナルは、連載、イチロー大リーグ現役引退の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事