NEW
南清貴「すぐにできる、正しい食、間違った食」

私が飲食店でタバコを吸う行為を絶対に許せない理由…命が脅かされる危険

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より
「Getty Images」より

 まだ年若い方ががんで亡くなるという話を、よく耳にするようになりました。そのたびに非常に悲しく、重苦しい気持ちになります。それがその人の運命だと言ってしまえばそれまでのことかもしれませんが、残されたご家族のこと、特にご子息やご息女を亡くされた親御さんのことを思うと、その悲しみやいかばかりかとお察し申し上げます。また、この先、そのようなことがないようにと願うばかりであります。

 がんは、以前は主に高齢者がかかる病気という位置づけでしたが、今では生産年齢人口の中心にいる40代の方々でも死因のトップになっています。厚生労働省の発表によると、40代から80代までの日本人の死因のトップはいずれもがんで、ほかの年代でも2位あるいは3位になっています。特に気になるのは、10代前半の死因の2位も、やはりがんという点です。

 タバコががんの最大の原因ということも多くの人の知るところとなり、喫煙者の数もかなり減ってきたようですが、それでも地方ではまだタバコを吸っている人の数も多く、時には飲食店などで喫煙者と出くわすこともあります。そういう時、筆者は無言で鋭く睨みつけたりします。私はタバコの煙がいやなんだということを、表現しないではいられないのです。特にアタマにくるのは、寿司屋さんでタバコを吸う人です。これは礼儀以前の問題です。何度か行ったことのある寿司屋さんであっても、タバコを吸う客がいるとすぐに店を出ますし、もう二度とその店には足を踏み入れません。ほかの飲食店でもタバコを吸われるといやですが、寿司屋さんでのタバコは絶対に許せません。

 筆者はタバコを吸う自由を認めないわけではありませんが、他人が飲食をしているその同じ空間で、平気でタバコを吸うというデリカシーのなさが許せないのです。タバコを吸うという自由が認められるのならば、タバコの煙を吸い込みたくない、タバコの煙が付着した食べものを食べるのはいやだと考える自由も認められてしかるべきだと思うのです。

飲食店内での喫煙が当たり前だった1995年

 筆者が1995年にオープンさせた、日本で初めてのオーガニックレストラン「キヨズキッチン」は、その当初から店内は禁煙にしました。店の前には小さなベンチを設えてあり、そこには灰皿も用意しており、どうしてもタバコを吸いたいお客様は外でどうぞ、とご案内しています。

 ある日のランチタイムに、サラリーマン風の男性のお客様が2人で来店され、入り口で「店内禁煙」の文字をご覧になり、接客に立った筆者に向かって「禁煙なのか。それじゃあリラックスできないから、ここでは食べない。なんで禁煙なんかにするんだ」と、詰め寄ってこられました。

 筆者は皮肉っぽく「タバコを吸わないとリラックスできないというのも、どうなんですかねぇ」と応戦したところ、「こんな店、二度と来るもんか」と言い残して出ていかれました。

 筆者の考えは、「飲食をしながらタバコを吸うという愚かしい行為をしていられるのは今だけだ。早めにやめなさい」というものです。同時に、自分のお店を選んで来てくださった大事なお客様に、タバコの煙のかかった料理によって不快な思いをさせるわけにはいかない、ということなのです。この時の筆者の言動は、飲食店を経営することは、すなわちお客様の健康を守ることだという気概がもたらしたものだとご理解ください。

 今では「全面禁煙」の飲食店も増えて、むしろそれが当たり前のようになってきましたが、1995年当時は、米シアトルから来た「タバコが吸えないコーヒーショップ」もまだオープンしておらず、喫茶店といえばコーヒーとタバコは付き物みたいに思われていた時代で、店内は煙が充満していました。当然、飲食店でもタバコが吸えるのは普通のことだったのです。

 タバコの害が明確になった今、街中や飲食店でタバコを吸う行為は厳に慎むべきだと、筆者は考えます。女性の方の喫煙者も目立ちます。かくいう筆者も、ずいぶん昔のことですが喫煙をしていた時期がありました。今では、そのことを深く後悔し、反省してはおりますが、取り返しはつきません。今、タバコを吸っている方も、数年後には後悔するかもしれません。

私が飲食店でタバコを吸う行為を絶対に許せない理由…命が脅かされる危険のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事