NEW
さんきゅう倉田「税務調査の与太話」

顧問料をケチっていた税理士が税務調査時に「大丈夫でしょう」→3年分の追徴課税!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】顧問料をケチっていた税理士が税務調査時に「大丈夫でしょう」→3年分の追徴課税!の画像1
「Getty Images」より

 元国税局職員、さんきゅう倉田です。好きな車は「車両運搬具」です。

 僕の知り合いが経営する会社に、税務調査が入りました。業種は自動車修理業で、事故などでぼろぼろになったベンツやポルシェを10万円とか20万円といった価格で買ってきて、綺麗に修理して業者に販売していました。

 社長は、もともと正社員として働いていましたが、独立し、従業員を雇い、着々と売上を伸ばしていたところ、4期目で税務調査を受けたそうです。

 初めての税務調査。社長の知り合いもおらず、何かしらの団体に所属しているわけでもないため、誰にも相談できません。唯一の味方である税理士には、格安の顧問料しか支払っておらず、気軽に質問することもできない状況で、不安と恐怖から毎日のようにキャバクラに通い、領収証を切ったそうです。

「それまで、キャバクラには通っていなかったんですか?」と聞くと、「いや、週3で行っていたよ」と答えるような社長です。

 税務調査の前日も遅くまでキャバクラで飲み、約束の10時から30分ほど遅れてしまいました。税理士と若い調査担当者は来ていましたが、帳簿の場所がわからず、何もしていなかったようです。

「怒られるかな」と思ったけれど、そんなことはなく、売上や経費の話を聞かれ、帳簿の場所を教えました。会計のことはわからないので、質問されれば曖昧に答え、あとはタバコを吸っていました。

 12時になると、調査担当者が「休憩にしましょう」と言いました。社長が「先生、鰻でも食べに行きましょう」と席を立つと、調査担当者が「では、私も」と言いました。

「こいつ、俺の金で鰻を食べるつもりか?」と思い、キッと睨むと、その思いに気づいたのか、「私はお弁当を持ってきておりますので」と言って、公園のほうに歩いていきました。一緒に食べるわけではないんですね。

 午後からも帳簿を見られ、従業員にも話を聞かれ、16時過ぎに資料を持って帰っていきました。税理士に「大丈夫ですかね?」と聞くと、「まあ、大丈夫でしょう」と無表情で言いました。70歳くらいの国税OBの税理士です。きっと調査にも慣れているのだろうと、社長は安心しきっていました。

修正申告を拒否

 調査はこの1日だけで、その後は2週間ほどなんの連絡もないまま日が過ぎました。ところが、車体が大きく歪んだアウディを修理していたある日、税理士から連絡がありました。

顧問料をケチっていた税理士が税務調査時に「大丈夫でしょう」→3年分の追徴課税!のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事