NEW
道明寺美清「人生は大逆転できる!」

毒親のネグレクトで幼少期の記憶がない…なぜ深月ユリアは絶望から脱せられたのか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毒親のネグレクトで幼少期の記憶がない…なぜ深月ユリアは絶望から脱せられたのかの画像1
深月ユリア氏

 耳を塞ぎたくなるような幼児虐待のニュースが後を絶たない。8月に厚生労働省が発表した虐待に関する速報では、平成29年度中に全国210カ所の児童相談所が児童虐待相談として対応した件数は13万3778件と過去最多となった。虐待の内容は、心理的虐待が7万2197件、身体的虐待が3万3223件、ネグレクト(教育の放棄・怠慢)が2万6818件、性的虐待が1540件となっている。心理的虐待、ネグレクトについては、目に見えないため表面化しにくく実際の数はもっと多いと予想される。

 近年、虐待のニュースで語られることが多いのが“負の連鎖”である。虐待を受けた子が親になったときに、自分の子を虐待するといったものである。この負の連鎖を断ち切ることが、虐待を防止するために重要であることは明らかだ。

 深月事務所代表の深月ユリア氏は、ネグレクトを受け育った。ネグレクトの影響は大きく、幼少期から少女時代までは人とのコミュニケーションがうまくできず、対人恐怖症に悩んだ時期もあった。しかし、ある時、心の変化があり、深月氏はネグレクトで受けた心の傷を自ら克服した。慶応義塾大学法学部を卒業後、タレント、ライター、占いカウンセラーとして活躍し、一方で映画製作やキャスティング会社の運営を行い、人生を大逆転することができたのだ。

ポーランド人の母の孤独

毒親のネグレクトで幼少期の記憶がない…なぜ深月ユリアは絶望から脱せられたのかの画像2

 深月氏は、ポーランド人の母と大学物理学教授の日本人の父のもとに生まれた。

「父が仕事のために訪れたポーランドで母と出会い、そのまま母は帰国する父について日本へ来ました。そのときは、2人は燃え上がっていたのだと思いますが、当時の日本は母にとって生きにくい社会で、外国人に対する偏見や差別を感じたようです」

 深月氏は、幼稚園や学校に母が来た記憶はないという。

「日本に来て、父以外との人付き合いもなく母はホームシックとなり、ついには精神疾患に苦しむようになりました。ロックが好きだった母は毎日、朝から晩までクラブ音楽を大音量で流し、自分の世界に入り込んでいて私には無関心。食事さえ用意してくれませんでした。食事は父が買ってくるスーパーの弁当や惣菜で、暖かい家庭料理は知らずに育ちました」

 しかし、幼かった深月氏は状況を理解することも、助けを求めることもできなかった。

「ネグレクトを受けていた当時の私は、寂しいとか怖いという感情はなく、『無』になっているような感じでした。母に期待することもなく、ただ心を無にしていたように思います」

喘息で顔が腫れ上がり、学校でもいじめに遭う

毒親のネグレクトで幼少期の記憶がない…なぜ深月ユリアは絶望から脱せられたのかの画像3

 3歳から重度の喘息を患っていたことで、学校は休みがちだったという。さらに、アトピー性皮膚炎が深月氏を苦しめた。

「喘息の薬の副作用と、毎日スーパーの弁当や惣菜を食べていたことの影響だと思いますが、アレルギーを発症し、アトピー性皮膚炎と喘息になってしまいました。父が病院に連れて行ってくれていたのですが、ステロイドを多量に服用していまいした。ステロイドの副作用で顔が腫れあがり、ひどいときは顔の輪郭がまったくなくなるほどでした」

 たまに学校へ行っても、友達から投げかけられる言葉はショッキングなものだった。

「『アトピーが移るからユリアちゃんには近づいちゃダメ』そんな言葉が聞こえてきたときは、本当にショックでしたし、私のいる場所はどこにもないなと思いました。加えて母が『日本の子供は外で土塗れになって遊んでいるから一緒に遊ぶと菌が移り、病気が悪化する』と私を洗脳していました。ほとんどの時間を病院で過ごし外に出ていない私は母の言葉を間に受けていたので、友達はひとりもいませんでした」

毒親のネグレクトで幼少期の記憶がない…なぜ深月ユリアは絶望から脱せられたのかのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事