NEW
連載
鈴木尚子「片付け下手必見!元片付けられない女が教える片付け下手からの脱出法」

綺麗じゃなくても全然イイ!片付けられない人は「自分に合った方法」を知らないだけ!

文=鈴木尚子/SMART STORAGE代表取締役、マスターライフオーガナイザー
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「片付けようと思っても、すぐにリバウンドしてしまう……」

 このようなお悩みは全国共通といえます。日本のみならず先進国では、片付けの悩みが後を絶ちません。また、お隣の中国や韓国でも片付けがブームになりつつある状況です。

 片付け後のリバウンドの原因の一つに、「片付けの方法が自分に合っていない」ということがあります。雑誌やブログに掲載された理想的なやり方や、綺麗なだけで面倒くさい収納方法を試しては挫折する、そのうちやっても無駄だと投げ出したくなってしまった。そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 そのため、ライフオーガナイザーの片付けでは、利き脳を参考に、片付けの手がかりを見つけ出します。

 利き脳とは、利き手利き足があるように、使いやすい脳があるということ。その利き脳により、行動や思考の癖を理解することができます。これは、坂野登京都大学名誉教授の「しぐさ利き脳理論」をベースに日本ライフオーガナイザー協会が応用しまとめた、ライフオーガナイズの手法の一つです。

右脳と左脳の得意分野と機能

 利き脳は、情報を取り込んで理解するときに使うインプット脳と、情報を言葉や行動に使うときのアウトプット脳を調べ、片付けの特徴を確認して発動します。インプット脳は、片付けでものを探すときや要不要判断をするとき。アウトプット脳は、ものを元に戻すときや片付けの仕組みをつくるときに使います。

 まずは、あなたのインプット脳を調べてみましょう。

自然に指を組んだときにどちらの親指が下になりますか?写真では右タイプ

 

 次にあなたのアウトプット脳を調べてみましょう。

腕を組んだときどちらの腕が下に来ていますか?写真では左タイプ

 

 このようにインプット脳とアウトプット脳の組み合わせにより、4つのタイプに分かれます。

 同じ利き脳でも仕事や生活環境によって差が出てくるので、なかには図2であげた特徴が当てはまらない場合があります。自分のタイプの特徴が腑に落ちないようなら、他のタイプも参考にしてみてください。

片付けの極意は習慣化

 片付けはすぐにできるようになることではありません。トライアル&エラーを繰り返し、自分に合った方法を見つけ出すことも大切です。いずれにせよ自分のことを客観的に見つめ、自分にとって難しくない片付けの方法を選択してください。綺麗だからといって使いやすいとは限りませんから、綺麗に見栄えよく収納するのはその後、片付けの習慣ができてからにしましょう。

関連記事