NEW
連載
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

野村克也さんも…入浴中の死亡、年約2万人に 冬の風呂場で死なないための対策リスト

文=石原結實/イシハラクリニック院長、医学博士
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 去る1月6日、警察庁から発表された2019年の交通事故死者数は前年比317人減の3215人と、統計が始まった1948(昭和23)年以降で最少となった。1970(昭和45)年は1万6765人もの人が交通事故で亡くなられたのだから、まさに隔世の感がある。

 交通事故減少の要因としては、

1. 車両性能の向上

2. シートベルト着用率の上昇

などが挙げられているが、「取り締まり強化によるスピード違反や酔っ払い運転を減少させた」警察の方々の努力が、もっとも大きいのではないか。

 さて、交通事故死は年々減少する一方、入浴中の死亡が増えている。11日に虚血性心不全で死去した野球解説者の野村克也さんも、浴槽の中で意識を失っているところを家政婦に発見された。

 ここ数年は毎年1万8000~1万9000人が入浴中に亡くなっている。入浴して体が温まると、血管が拡張して血流が良くなり、その結果、以下の効果が表れる。

1. 脳からβエンドルフィンなどの快感ホルモンが分泌されてリラックスし、心身の疲労が取れる

2. 代謝が上がり、血液中の脂肪、糖の燃焼を促し、糖尿病、高脂血症の予防・改善効果を発揮する

3. 発汗・利尿を促してむくみをとる

4. 皮膚の血行、皮脂の分泌をよくし、美肌をつくる

5. 白血球の働きを高めて、免疫力を上げ、風邪をはじめ種々の病気の予防・改善に役立つ

6. 血栓溶解酵素(プラスミン)の産生を高めて、血液をさらさらにし血栓症(脳梗塞、心筋梗塞)、高血圧の予防・改善に役立つ

 日本人の長寿の要因のひとつに「世界一の風呂好き」が挙げられるだろう。日本には温泉地が3000カ所以上あり、毎年温泉地に宿泊する人の延べ人数が約1億3000万人にもなるという。

 奈良時代以前からも傷を癒すために温泉につかるという習慣はあったようだが、種々の病気の治療(湯治)のために長期間滞在できる湯治宿場があちこちにできたのは、江戸時代に入ってから。今は湯治というより、温泉地はレジャーのひとつとして楽しまれている。

関連記事