NEW

新型コロナ感染者が出て全国から“いじめ”…湯浅町の内部で何が起きていたのか?

写真・文=粟野仁雄/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
済生会有田病院

 新型コロナウィルス感染の拡大で、ついに大相撲の本場所が前代未聞の「無観客興行」となった。チケット代の返金だけでも損害額は10億円を下回らない。3月8日からの大阪場所開幕の1週間前、3月1日の理事会決定だが、実は感染者が出た和歌山県湯浅町でも3月31日に大相撲巡業の「湯浅場所」が予定されている。実行委員会の北野幹夫さん(70)は「巡業についてはまだ協会が決めていないが、小さな町で32年ぶりの行事。みんな楽しみにしているので、なんとか実施したい。でも大阪の住吉大社での本場所前の土俵入り奉納も中止になったし……」と気を揉む。

 感染は北海道にまで広がったが、当初は和歌山県と横浜のクルーズ船くらいという印象だった。とりわけ、医師を含む5人が感染した「済生会有田病院」が有田市ではなく隣接する湯浅町に立地していたため、ニュースで町名が何度も報じられてしまった。

 紀ノ川の下流に位置するこの町は、日本の醤油発祥の地。濃い「たまり醤油」や「金山寺味噌」でも知られる。明治時代からの醤油の醸造蔵、古い民家などの町並みは国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定され、小さな町に年間50万人の観光客が訪れ、関西空港から来る中国人観光客も多い。

 2月24日、保存地区に近いレストラン「きてら」で新鮮な「シラス丼」に舌鼓を打った。行楽日和の連休なのに客は筆者夫婦ともう一組だけ。経営する男性は「少しずつ回復していますが、かなり減っています。うちのように10人、20人くらいまでの店はまだいいのですが、大きな宴会場などは団体客にキャンセルされ大変みたいです」と話した。実際、1月末に有田病院での感染が発覚して2、3日のうちに、約400人が2~3月の宿泊や宴会をキャンセルしたという。

 影響は「ふるさと納税」にも及ぶ。ミカン、シラス、醤油、味噌など特産品の返礼品について「送らなくていいから、金を戻せ」という人たちもいた。2月16日、仁坂吉伸知事は会見で「ナンセンスで怒りを感じる」と語った。翌年の発送にできないか、など町役場などは苦心している。とはいえ、そこは「ふるさと」。感染報道の後、逆に申し込みが増えた。窮地に陥った故郷を応援する人たちも多かったのだ。 

関連記事