NEW
ヘルス・ライフ

マック、大注目の「ごはんてりやき」は期待ハズレ?牛丼店の定食以下の朝マックメニュー

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】マック、大注目の「ごはんてりやき」は期待ハズレ?牛丼店の定食以下の朝マックメニューの画像1
マクドナルドの店舗

 2月13日、日本マクドナルドホールディングスは2019年12月期の決算を発表し、あらためてその好調ぶりが明らかになった。その売上高は前期比約3%増の2817億円、営業利益は約12%増の280億円で、全店売上高は創業以来最高となる5490億円だったという。

 同社の運営しているハンバーガーチェーンといえば、“マック”という略称でもお馴染みのマクドナルド。リーズナブルな商品を豊富に取り揃える同チェーンにとって、昨年10月の消費増税はむしろプラスだったのか、安くておいしいメニューを求め、多数の人が足を運んだようだ。

 しかし、インターネット上の口コミなどを見ると、そのラインナップのなかには“安かろう悪かろう”と言わざるを得ないような商品もあるようだ。そこで今回は、「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が「この春、買ってはいけないマックの商品」をテーマに、5つのメニューをセレクトした。

ベーコンレタスバーガー/360円(税込、以下同)

【完了】マック、大注目の「ごはんてりやき」は期待ハズレ?牛丼店の定食以下の朝マックメニューの画像2

 まず1商品目は、当サイトに昨年5月に掲載した「この春、買ってはいけない商品5選」でも紹介した「ベーコンレタスバーガー」。スモークされたベーコンと新鮮なレタス、ビーフ100%のビーフパティを使った王道の一品だ。

 一緒に挟まっているチーズとマスタードもマッチしており、間違いのないおいしさなのだが、かなりオーソドックスなバーガーでありながら単品価格は360円と、安価なバーガーが揃うマックのなかでは、決してお手頃とはいえない商品となってしまっている。

 これといって際立った特徴がないだけではなく、さほどボリュームも感じられないこのバーガー。歓送迎会が重なり、懐具合が寂しくなりがちな春だからこそ、そのコスパを考えると、あまりおすすめできないメニューだ。

ごはんてりやき/390円

【完了】マック、大注目の「ごはんてりやき」は期待ハズレ?牛丼店の定食以下の朝マックメニューの画像3

 ボリュームがあり、夕飯時にぴったりなメニューを数多く提供している「夜マック」に、満を持して投入された「ごはんバーガー」シリーズ。同シリーズの商品のなかでも、今年2月に発売される前から特に注目されていたのが「ごはんてりやき」だ。

 しかしどうやら、このバーガーは期待ハズレに終わってしまった様子。人気メニュー「てりやきマックバーガー」(340円)の中身を、ごはんを使用したバンズで挟んでいるのだが、コクがあって甘じょっぱいソースは、ごはんバンズとの相性が今ひとつだと感じる人が多いようだ。

 また、ごはんバンズとテリヤキポークパティのサイズが合っておらず、中身がはみ出てしまっているため、ソースが手について食べにくいという声も上がっている。

関連記事