NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

宝塚ボーガン殺人、「統合失調症による妄想」「母親へのアンビヴァレンス」が原因の可能性

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

宝塚ボーガン殺人、「統合失調症による妄想」「母親へのアンビヴァレンス」が原因の可能性の画像1
「Getty Images」より

 兵庫県宝塚市の民家で6月4日、祖母、母、弟をボーガン(洋弓銃)で撃って殺害したとして、23歳の野津英滉容疑者が現行犯逮捕された。野津容疑者は、伯母も同じ方法で襲撃して負傷させており、「伯母を電話で呼び出した」という趣旨の供述をしている。また、「家族を殺すつもりだった」と容疑を認めているので、衝動的犯行とは考えにくく、明確な殺意を持って犯行に及んだ家族大量殺人の可能性が高い。

家族大量殺人

 大量殺人を、アメリカの犯罪心理学者レヴィンとフォックスは、その動機から次の4つに分類している。

1)復讐

2)愛情

3)利欲

4)テロ

1)復讐のために遂行されるのが、秋葉原事件をはじめとする無差別大量殺人である。強い

 欲求不満を抱き、自分の人生がうまくいかないのは社会のせいだと思い込んで、仕返しするために「誰でもよかった」と凶行に走る。あるいは、3)利欲のために、放火したり銃を乱射したりすることもある。4)テロのための大量殺人は、欧米で社会問題になっている。

 一方、家族大量殺人は、1)復讐だけでなく、2)愛情もからんでいることが少なくない。客観的に見れば身勝手きわまりないのだが、家族大量殺人の犯人自身は「家族のため」と思い込んでいることが多い。典型的なのは、夫でもあり父でもある“一家の主”が、家族の行く末を思って落胆した結果、自分の命を絶つだけでなく、家族全員を不幸や苦悩から救うつもりで殺害するケースである。

 たとえば、2005年2月に岐阜県中津川市で発生した一家6人殺傷事件。この事件では、老人保健施設の事務長だった当時57歳の男が、母、長男、長女と2人の孫の計5人を殺害し、娘婿の腹を刺したうえ、自身も首に包丁を突き刺して自殺を図った。なお、事件当時妻は旅行中だった。

 事件の背景には、数年前から同居するようになった母との深刻な確執があったようで、この男は当初母を殺害し、自分も自殺しようと考えたという。しかし、その場合残された家族が「殺人犯の家族」として地域社会から白い目で見られ、苦しみながら生きていくことを不憫に思い、道連れにしようとしたのだ。

 この男は犯行後自殺を図ったが、家族大量殺人の犯人に抑うつ傾向や自殺への傾斜が認められることは珍しくない。たとえば、当連載でも取り上げた宮崎県高千穂町で発生した6人斬殺事件。2018年11月、当時42歳の男が両親、妻、長男、長女、さらに知人の男性の計6人を斬殺し、その後飛び降り自殺したのだ。この事件は典型的な「拡大自殺」と考えられる。

“恨み”の正体

 このように、家族大量殺人は、「家族のため」と思い込んだ“一家の主”によって遂行されることが多い。その場合、当然犯人は中年以降の男である。それに比べると野津容疑者はかなり若く、典型的な家族大量殺人とは少々異なるという印象を私は抱いている。

 もちろん、より若い世代が家族大量殺人を犯すこともある。たとえば、2010年5月に愛知県豊川市で発生した一家5人殺傷事件。この事件では、14年間引きこもっていた当時31歳の長男が包丁で家族を次々と襲い、父と姪を刺殺し、母と三男、さらに三男の内縁の妻に重傷を負わせた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ