NEW

セリア、今買ってはいけない商品4選…惨劇の恐れあるPETカラフェ、コップホルダー

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

セリア、今買ってはいけない商品4選…惨劇の恐れあるPETカラフェ、コップホルダーの画像1
セリアの店舗

 シンプルなデザインが受け、強豪ひしめく100円ショップ業界でも堅実な立ち位置を維持し続けるブランド「セリア」。使い勝手の良い商品ラインナップも人気の秘密といえるだろう。

 おしゃれなブランドイメージのおかげか、“日用品を揃えるならセリアがいい”という固定客も多い。そうした下支えもあってか、店舗数も2019年3月末の時点でFC店が49店舗、直営店が1543店舗で合計1592店舗を展開するなど、高水準を維持している。

 また、新型コロナウイルスの影響で経営が苦しくなるメーカーや小売店も多いなか、セリアの5月の既存店の売り上げは前年同月比8.3%増を記録している。この数字を見ても、人々の生活に欠かせない存在として重宝されていることが見えてくる。

 だが、良品多しなイメージのセリアにも「これは正直どうなんだろう……」と首を傾げてしまうような残念アイテムは少なからずあるもの。今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」はそんな「この夏、買ってはいけないセリアの残念グッズ4選」を独断でセレクトした。

Q-BAN コップホルダー2/110円(税込、以下同)

 湿気の多くなってくる夏は、いつも以上に水回りの清潔さには注意しておきたい。特に毎日使う洗面所の歯ブラシ用のコップなどは、気をつけていないとすぐに雑菌の温床になってしまうため、なんとか工夫を凝らして綺麗な状態を保ちたいものだ。そんな時は、吸盤式のコップホルダーを使えば、コップを逆さまにかけられるので、水切れも良く安心のはず。

 しかし、セリアの「Q-BAN コップホルダー2」はそうもいかないようだ。この商品は、吸盤の付いたフックパーツと、そのフックに引っ掛けられる穴の空いたコップのセット商品。実際110円という低価格でこの2つが同時に手に入るコストパフォーマンスは好印象だろう。

 しかし、実際に使ったユーザーからは“吸盤が落ちる”という声が多数挙がっているのだ。おそらく、コップを逆さにしてフックに引っ掛けると、吸盤上部に圧がかかり、剥がれやすくなってしまうのだろう。実際に試してみたところ、湿気が多いところでは落ちることが何度かあった。条件によるのかもしれないが、落下率は高い模様。買い控えたほうが無難だろう。

洗剤が入るキッチンブラシ/110円

 次も夏場の水回りから、キッチンで活躍するという触れ込みの「洗剤が入るキッチンブラシ」を紹介したい。片手に収まるサイズのこの小さなブラシは、洗い物時に毎回洗剤をスポンジやブラシに垂らす手間を省いてくれるというアイテムだ。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ