NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

元の顔がわからないほど腫れる…チャドクガ幼虫被害が大量発生?毒針毛が飛散で衣類付着

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会代表、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
元の顔がわからないほど腫れる…チャドクガ幼虫被害が大量発生?毒針毛が飛散で衣類付着の画像1
北島博先生

 チャドクガの幼虫による被害が深刻化しています。HPで大量発生を知らせる行政もあるほどです。ひとたび刺されると、「神経を直撃するかゆみ」「元の顔がわからなくなるぐらい腫れ上がる」などの症状が出る場合もあり、侮れないようです。しかし、その症状について医師や昆虫愛好家に調査したところ、「発熱する。アナフィラキシーショックのような症状を引き起こした患者もいる」「発熱しないし、ましてやアナフィラキシーショックなど起こすはずもない」などと見解はバラバラです。

 そこで今回は、国立研究開発法人森林研究・整備機構森林総合研究所 森林研究部門 森林昆虫研究領域 昆虫生態研究室室長の北島博先生にチャドクガの生態を徹底解説してもらいました。

4~6月および7~9月が発生時期

――今年は習志野市などの千葉県北西部や他県の一部の市町村でも被害が多発していると、SNS上で報告されています。チャドクガの幼虫が大量発生する理由は、なんなのでしょうか?

北島 実は詳しいことはわかっていません。というのも、人の往来がある場所でチャドクガが発生すると人的被害が起こる可能性があり、毛虫の発生数に関係なく大量発生と認識される可能性もないとはいえないからです。チャドクガの幼虫(以下、チャドクガ)といっても、わからないかもしれませんが、本州から九州に幅広く生息し、オレンジのボディに黒い斑点が特徴で、体長は約2~5センチまで成長するといわれています。

――過去に特定の地域に多発したことはありますか?

北島 これまでに聞いたことはありません。ただし、同じ樹木でも年によって発生数が多く見られたり、少なかったりすることはあるようです。森林総合研究所内のツバキでも同じですね。

――チャドクガはツバキに発生するのですか?

北島 その名の通り、“茶の木”に発生することから命名されたのですが、茶の木はツバキ科になります。ほかに同じツバキ科であるツバキやサザンカをエサとしていて、これら3種では、いずれもチャドクガを目にすることができます。地域によって多少のずれはありますが、春と秋の年に2回発生し、4~6月および7~9月が発生時期です。

――まさに今がシーズンですね。厚生労働省や複数の皮膚科学会に確認したところ、チャドクガに絞った被害数のデータは確認できないとのことです。

北島 被害数ではなく相談件数を自治体ごとに取りまとめて発表しています。今年のデータはまだ未公表ですが、東京都福祉保健局では表のように公表しています。平成20年のチャドクガの相談件数が突出していますが、相談内容の詳細は公表されていませんので、突出した理由もわかりません。あくまでも相談件数なので、実際の被害数と必ずしも一致してはいないと推測しています。

元の顔がわからないほど腫れる…チャドクガ幼虫被害が大量発生?毒針毛が飛散で衣類付着の画像2
出典/東京都保健福祉局HPより

アナフィラキシーとの関係は?

――被害に遭うと、強烈なかゆみ、ただれを訴える人が多いようです。ただ、昆虫愛好家のなかには、チャドクガは症状は出ても毒はないという人もいますが?

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ