NEW
住宅ジャーナリスト・山下和之の目

防音室、個人ブース…在宅ワーク対応型マンション&戸建てが続々、オンライン内見可能

文=山下和之/住宅ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

防音室、個人ブース…在宅ワーク対応型マンション&戸建てが続々、オンライン内見可能の画像1
「gettyimages」より

 例年なら、マンションや建売住宅などの分譲住宅では、秋の販売シーズンを目指して新商品が続々と発表される時期ですが、今年はコロナ禍もあって例年ほどではありません。しかし、今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、これまでにない特色を持った物件が数多く登場しています。オンライン内見などを活用して、密にならない範囲で見学などをしてみてはどうでしょうか。

マンションなのに玄関に土間がある?

 最近は、注文住宅や建売住宅で玄関に土間を設け、手洗いできるようになっているプランが増えています。その考え方が、新築マンションにも採用されるようなってきました。そのひとつが、野村不動産が2020年11月から神奈川県藤沢市で販売を開始する『プラウド湘南藤沢ガーデン』です。JR東海道本線・小田急江ノ島線の「藤沢」駅から徒歩10分、総戸数93戸の中規模マンションです。

 かつての日本の住まいには土間があって、そこでホコリを落とし、荷物を置いてオンからオフに、あるいはオフからオンに気持ちを切り替えたものです。『プラウド湘南藤沢ガーデン』でも、玄関サイドにワイドなフリー空間を確保した「DOMA-STYLE」を設けました。広い玄関スペースには窓が設置されていて、風通しがよく、そのまま洗面所に入ることができます。いまどき、玄関に窓があるマンションはそうありません。これも住まいの換気を重視するウィズコロナ時代ならではでしょう。

 この土間から洗面室、バスルームに入ることができるようになっていて、居住スペースに入る前にウィズコロナで不可欠な手洗いができ、場合によってはそのまま服を脱いで、シャワーやお風呂を使うこともできます。玄関周りで、外部からウイルスを持ち込むのをシャットアウトできるようになっているわけです。

防音室、個人ブース…在宅ワーク対応型マンション&戸建てが続々、オンライン内見可能の画像2
野村不動産プラウド湘南藤沢ガーデン』のDOMA-STYLE」のある間取りプラン

「書斎」のあるマンションが増えている

 何十年も前の日本の住まいでは、重厚な雰囲気の書斎のある家が少なくありませんでしたが、高度成長時代以降、いつの間にかなくなってしまいました。分譲マンションや建売住宅のほとんどは、女性目線が重視されて、男性の居場所はほとんど意識されていないのが現実ではないでしょうか。

 しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で在宅ワークが増えた結果、自宅内にワークスペースが必要とされ、それが書斎の復活につながっています。先の野村不動産の『プラウド湘南藤沢ガーデン』でも、書斎の付いたプランが設けられていますし、三井不動産レジデンシャルなどが、東京都中央区勝どきで2020年11月から販売を始める予定の『パークタワー勝どきミッド/サウス』もそうです。鉄筋コンクリート造の地上58階建て、45階建てのツインタワーで、総戸数は2786戸というメガマンションです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ