NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

菅義偉“親中国”政権誕生に中国政府が期待…超親中派・二階氏の仲介で中国寄り政策へ

文=相馬勝/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

菅義偉親中国政権誕生に中国政府が期待…超親中派・二階氏の仲介で中国寄り政策への画像1
首相官邸のHPより

 安倍晋三首相が8月28日、突然辞意を表明したのもつかの間、永田町では次期自民党総裁イコール次期首相選びに焦点が移っている。もはや、安倍首相は過去の人といった印象だ。

 中国でも日本の次期首相選びに並々ならぬ関心を示している。なぜならば、トランプ大統領率いるアメリカのホワイトハウスと中国の関係が悪化しているなか、次期大統領に民主党のバイデン氏が選ばれても、米国の対中警戒感は強まりこそすれ、弱まることはないとの見方が一般的だからだ。つまり、トランプ氏が再選した場合でも、あるいはバイデン氏が新しい大統領に選ばれても、今の米国は超党派的に中国を敵視する雰囲気は変わらないとの見通しが強いのだ。

 このようななかで、中国としては米国と同盟関係である日本を中国側に引き込んで、日本を緩衝材として使って、米政権に中国の重要性を説得してもらうという日本の役割を期待しているのは間違いない。米中関係が悪化すればするほど、中国にとって隣国・日本の役割はますます重要になるのだ。日本にとって、中国は隣国であるだけに、多くの企業が中国に進出するなど経済的なつながりも強いのと同時に、安全保障の観点からも、中国と敵対関係になるのは極めて危険な選択だからだ。

 中国共産党機関紙「人民日報」傘下の国際問題紙「環球時報」(電子版)は、安倍首相が辞任表明した翌日の8月29日早朝、「安倍執政を回想する 中日関係の複雑さを体験」と題する社説を発表。その冒頭で「多くの中国人は安倍が嫌いだ。最大の原因は2013年に靖国神社を参拝したからであり、日本の平和憲法第九条を改正する動きを進めていたからである」と安倍氏の右寄りの姿勢を厳しく批判した。

 そのうえで、同紙は「日米同盟の存続するなかで、日本が米中双方と戦略的バランスを保つことは日本の利益に合致し、それが日本にとって唯一の道となる」と断定し、中国が日本の新政権の対中外交をそのように仕向けることが、今後の習近平指導部がとる外交政策であることを示唆しているのである。

中国、石破氏の言動も注視か

 それでは、そのような中国の意向を体現することができる中国側の意中の首相候補は誰かと考えると、菅義偉官房長官が浮かび上がる。なぜならば、菅氏の後見人として、菅氏を最も熱心に支持している派閥の領袖といえば、「超」がつくほどの親中派として知られる二階俊博幹事長だからだ。

 二階氏は地元の和歌山県田辺市に江沢民元中国国家主席の自筆の書「登高望遠睦隣友好」という記念碑などを建設しようとしたほどである。結局、地元の反対が大きく、計画は頓挫したが、和歌山の動物園に多数のパンダを送りこんでもらうように頼むなど、その親中ぶりはよく知られている。また、大型訪中団を率いて北京に乗り込み、中国最高指導部メンバーと会談するなど、中国指導部とは蜜月状態だ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事