「僕らの見てる前で現ナマの授受」渡辺恒雄が暴露した自民党総裁選の舞台裏…密約を反故の画像1
読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡辺恒雄氏(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 9月14日に選出される自民党の新総裁は、出馬を表明した菅義偉官房長官が最有力候補とみられている。菅官房長官、岸田文雄政務調査会長、石破茂元幹事長の3人による三つ巴の戦いとなっているが、党内7派閥のうち5派閥の支持を固めた菅官房長官が本命であることは間違いない。

 当初は出馬の意思がないとされた菅官房長官の立候補、そして無派閥の同氏を党内の派閥がこぞって担ぐ動きなど、まさに目まぐるしい権力闘争が繰り広げられている。

 過去にも数々のドラマを生んできた自民党総裁選挙だが、読売新聞グループのトップである渡辺恒雄氏が生々しい証言を残している。今年3月にNHK BSで放送された『独占告白 渡辺恒雄 ~戦後政治はこうして作られた 昭和編』の中で、渡辺氏は、戦後政治の権力をめぐる攻防とその舞台裏を明かしているのだ。

「“映像メディアによる初めてのロングインタビュー”という触れ込みで放送された同番組は、インタビュアーをNHK政治部記者の大越健介氏が務めています。当時93歳の渡辺氏が語る貴重な証言の数々に、視聴者からは『平成編を早く見たい』という声が上がりました。その後、再放送され、8月には戦争にまつわる話を中心に再編集された『渡辺恒雄 戦争と政治~戦後日本の自画像~』がNHKスペシャルとして放送されています」(テレビ局関係者)

『独占告白 渡辺恒雄』の中で、渡辺氏は以下のように語っている。

「僕の経験からするとね、まったく生臭い人情、いろいろな意味での人情が、政治を動かしてる、外交を動かしてるな。だから新聞記者というのは、そこまで入らんとわからんわけだよ」

 また、近年、政治とメディアとの距離感が問題になるが、「取材する奴が(取材対象に)あんまり近寄っちゃいかんというバカなことを言う奴がいるが、近寄らなきゃネタ取れねぇんだ」と語る。しかし、「『これは本当に書かんでくれよ』と言われたことは書かない」ことで、新聞記者として信頼を得てきたという。

 そして、「全部我々にしゃべってくれるようになるんだよ」「池田(勇人)も佐藤(栄作)も大野(伴睦)も、みんなそうだったよ。河野(一郎)、鳩山(一郎)、全部そうなの」と振り返った。

 1952年に26歳で政治記者として永田町入りした渡辺氏は、吉田茂首相の番記者からキャリアをスタートさせた。自身の原体験として、以下のような出来事を挙げている。

「もう公然と、僕らの見てる前で現ナマをね、(自民党)総裁選挙の大会を開く会場の廊下でね、僕らの見てるところで現ナマの授受やってんだから」

「大きな風呂敷包みがある。全部現ナマですよ。それで、代議士が次々に来る。開けてね、この束を新聞紙にくるんで渡すんだ」

「(1時間後に)僕が帰るときには、ぺっちゃんこになってるの。中の札束の山がきれいになくなってるのよ」

「最初見たときは、やっぱりショッキングだよ。えらいもん見ちゃったな、隠そうとしないんだから」

「人間が変なことやってる。金の流れがすべて決めてるんだから」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ