人間関係のトラブルを回避する4つのコマンドとは?モンスター型&自虐的な人への対処法の画像1
「gettyimages」より

 いわゆる「モンスター」型のトラブルメーカー、愚痴や自虐ばかりで扱いに困る人……。このような厄介な人に対し、「1.ミスをしない」「2.仕掛け人の否定的な気持ちに反応しない」「3.大人の対応を心掛けて事実を告げる」「4.ゲームの場から離れる」の4つのコマンドで対処しよう、と提唱するユニークな書籍『イヤな人間関係から抜け出す本』(あさ出版/高品孝之)。著者の高品氏に、「モンスター型」「自虐型」の人たちの共通点や対処法について聞いた。

厄介な人に共通する「ラケット感情」とは

――本書は人間関係のトラブルに対し、「1.ミスをしない」「2.仕掛け人の否定的な気持ちに反応しない」「3.大人の対応を心掛けて事実を告げる」「4.ゲームの場から離れる」の4つのコマンドのうち、状況に応じ最も適切なものを選ぶ、というロールプレイングゲームのようなユニークな本ですね。なぜ、人間関係をコマンドで対処しようと思われたのでしょうか。

高品孝之氏(以下、高品) これは、心理学における「交流分析」という手法を用いたものです。私は高校教師をしているのですが、勉強を教えるだけではなく、元気の良い生徒やクレームの多い親など、多くのことに対応しなければなりません。そうした難しい場面で4つのコマンドを状況に応じて活用することで、問題の本質を見極め、トラブルを最小限に抑えたり回避したりするなど、相手に合わせた対応ができるようになりました。

――本書では、いわゆる「モンスター」系のわかりやすく攻撃的な厄介な人だけでなく、愚痴や自虐ばかりこぼすので対処に困り、こちらの反応によっては拗ねてしまう、非攻撃的な厄介な人も紹介されています。攻撃的な厄介な人と非攻撃的な人の違いについて教えてください。

高品 基本的な対人関係の態度が「自分がOK、相手がOKでない人」が「モンスター」系の人ですね。そして「自分がOKでなく、相手がOK」の場合は、自虐的な人です。この態度のことを「基本的構え」と交流分析では言いますが、基本的構えは乳児期に母親を信頼できるか、そうでないかで決まってきます。心から信頼できる母親のもとで育つと「自分がOK、他人がOK」の、いわゆる厄介ではない人になります。

人間関係のトラブルを回避する4つのコマンドとは?モンスター型&自虐的な人への対処法の画像2
『イヤな人間関係から抜け出す本』(あさ出版/高品孝之)

――逆に「モンスター系」と「自虐的な人」に共通点はありますか?

高品 はい。その前に、前提となる「ラケット感情」について触れたいと思います。交流分析においては、感情を「本物の感情」と、他人をコントロールするために使う「ラケット感情」の2つに分けて考えます。おもちゃがほしい子どもが癇癪を起こすのは、親におもちゃを買わせようとする、親をコントロールするために使われる「ラケット感情」と交流分析ではとらえます。

 交流分析において「本物の感情」とは、周りをコントロールするためではなく、自身のために使われる「怒り」「悲しみ」「喜び」「怯え」の感情のことです。

『イヤな人間関係から抜け出す本』 知らず知らずのうちに、人間関係ゲームのカモにされていませんか?心理学の方法でめんどうな人間関係ゲームを攻略! amazon_associate_logo.jpg
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ