マック、サムライマックが大好評でレギュラー化…今夏食べて損なし、要チェックな逸品5選!の画像1
マクドナルドの店舗

 ちょうど半世紀前の1971年7月。大手ハンバーガーチェーン店マクドナルドが、銀座三越に日本1号店をオープンさせた。開店当時から人気が衰えることのない日本のマックは、今年で創業50年を迎える。

 50周年を記念して、5月末よりアメリカ創成期のキャラクター「スピーディー」が、袋やポテト・ナゲットの箱にデザインされ、特別パッケージとして展開。アメリカを想起させるヴィンテージなデザインが話題を呼んでいる。また、2020年10月にSNSで行われた「#私の推しバーガー」企画で、“もう一度食べたいバーガー”として多くのリクエストがあった3商品が復刻し、盛り上がりを見せている。

 5月全店売上高が前年同月比6.7%増、既存店売上高が前年同月比5.7%増と好調なマックには、今年も暑い夏だからこそ食べたくなる魅力的な期間限定商品が多く登場している。そこで今回は「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が厳選した「この夏、買うべきマクドナルドのメニュー5品」を紹介していく。

ジューシーチキン赤とうがらし/390円(税込、以下同)

マック、サムライマックが大好評でレギュラー化…今夏食べて損なし、要チェックな逸品5選!の画像2

 2008年からレギュラーメニューとして登場していた「ジューシーチキン赤とうがらし」。この商品は、冒頭でも紹介した「#私の推しバーガー」によって復刻することになったバーガーのひとつである。

 ジューシーで柔らかいモモ肉とカリカリの衣、そして後を引く赤とうがらしの辛さがたまらない逸品。チキンの衣だけでなく、モモ肉自体にもスパイシーな味つけがされているのだが、その辛さが際立つチキンに甘めのマヨネーズとシャキシャキのレタスがいいアクセントとなっており、味に深みが出ていると感じた。

 辛さが苦手な方は購入を避けるべき商品かもしれないが、そこまで辛さに抵抗がない、もしくは辛いものが大好きという方にとっては、やみつきになるチキンだろう。

トリチ(トリプルチーズバーガー)/420円

マック、サムライマックが大好評でレギュラー化…今夏食べて損なし、要チェックな逸品5選!の画像3

「トリチ(トリプルチーズバーガー)」も、先ほど紹介した「ジューシーチキン赤とうがらし」と同じく「#私の推しバーガー」にて選出されたハンバーガーである。

 商品名の通り「ダブルチーズバーガー」にチェダーチーズとビーフパティをそれぞれ1枚ずつ追加したボリュームたっぷりの商品で、このバーガー単品でも満腹感が得られるという人もいるだろう。

 SNSで「トリチ」の評判を探ってみても、マイナスな評価をつけている人はほぼいない状態。それほどファンが多いということだ。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合