NEW

マック、この夏のガッカリ商品4選…倍マックやデザートは当たり・外れが激しい?

取材・文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
マック、この夏のガッカリ商品4選
マクドナルドの店舗

 世界規模で展開しているアメリカ発の人気ハンバーガーチェーン、マクドナルド。2021年には日本進出50周年を迎え、アニバーサリーを祝うグッズの発売や記念パッケージの配布を行い、大きな話題になった。

 新型コロナウイルスの影響による飲食店への被害はまだまだ続いているが、マックは安定した業績を叩き出している。既存店の売上を確認すると、前年同月比で3月が12.6%、4月が11.3%、5月が5.1%とプラスの数字を記録した。客数も3月が4.6%、4月が3.9%、5月が4.8%と安定してプラスを維持している。客単価は3月が7.7%、4月が7.1%、5月は0.3%と大きく減少したものの、全体的にはまずまずの成長を遂げているといえるだろう。

 そんなマックは、この夏も何品かの新商品を迎え、充実のラインナップになっている。しかし、マックらしいコスパの良いメニューが並ぶなかに、買うのをためらう商品も散見される。そこで今回は、新メニューやレギュラーメニューのなかから、“この夏、要注意なマクドナルド商品”を4品選出し、紹介していく。

倍フィレオフィッシュ/450円(税込、以下同)

マック、この夏のガッカリ商品4選…倍マックやデザートは当たり・外れが激しい?の画像2

「倍フィレオフィッシュ」は17時以降の“夜マック”の時間帯で、100円プラスすることでパティを倍にして注文できる“倍マック”商品のひとつ。人気商品である「フィレオフィッシュ」の白身魚パティが2つ入っており、非常に食べ応えのある一品となっている。

 しかし、SNS上での評価では、「微妙だ」という感想を述べる人も少なくない。「普通のフィレオフィッシュは好きだけどパティを倍にすることでパサパサ感が増す」「パティの油っぽさ、白身魚のアンモニア臭が全面的になってしまう」という声があるのだ。

 SNSの評価を確かめるべく実食してみると、パティは白身魚の淡泊な身質とうまみが味わえるものの、同時に魚の臭さも少し感じる。またソースの量が足りず、食べ終える頃には揚げ物特有の油っぽさが口の中に広がり、胃もたれしそうになった。

 ただ単にパティの量を増やせばいいというわけではなく、やはり具材のバランスは大切なのかもしれない。

倍スパチキ(倍スパイシーチキンバーガー)/300円

マック、この夏のガッカリ商品4選…倍マックやデザートは当たり・外れが激しい?の画像3

 先に続き、同じく“倍マック”商品である「倍スパチキ(倍スパイシーチキンバーガー)」。通常の「スパチキ(スパイシーチキンバーガー)」は、当サイトで何度か“要注意”商品として紹介してきたが、パティが倍になることでさらに“微妙さ”が浮き彫りになったといえるので、問題点を紹介していく。

 まず、チキンパティ自体が噛み応えのある食感をしているにもかかわらず、2枚に増え厚みが増したこともあり、余計に食べづらくなってしまっている。また、食べていくうちに口の中の水分もどんどん失われていき、より噛みづらさに拍車をかけていたのだ。そして、ソース自体の辛味が強めなので、口の中が乾燥しているなかで食べるのは少々厳しかった。

 このように、食べづらく刺激が強い商品であったが、300円という価格でボリュームのあるバーガーを食べられるのは評価ポイントでもある。コスパよくガッツリしたものが食べたい人は、試してみてはいかがだろうか。

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合