NEW

スタバ、レジで当たると店員がヒソヒソ声で…ラッキーレシートは本当に存在?検証

文=横山渉/ジャーナリスト
スタバ、レジで当たると店員がヒソヒソ声で…ラッキーレシートは本当に存在?検証の画像1
スターバックスの店舗

 6月、あるTwitterユーザーが投稿したこんなツイートが話題を呼んだ。

<スタバで妙に長いレシートが出てきたなと思ったら、店員さんが「!!」てなって「あのですね…これ滅多に出ないラッキーなレシートで…アンケートに答えたらトールサイズの飲み物なんでも引き換えできるやつなんで、是非…!」と機密事項かのようにヒソヒソ小声で告げられた>

 これに対して6万件以上の「いいね」、6000件以上のリツイートがあり、スターバックス コーヒーの“ラッキーレシート”というキーワードが話題になった。このツイートにはこんな返信も。

<私も一度出たことがあり、使うときにも店員さんが小声になり「!!こちらをお使いですね…ありがとうございます…」「いえこちらこそですありがとうございますほんとうに…」ってペコペコし合った記憶>

 店員が小声で説明するということは、他の客に聞こえたら困ることなのだろうか。ラッキーレシートについて、スターバックスコーヒージャパンに問い合わせたところ、広報業務を請け負うプラップジャパンから下記のような回答があった。

「『ラッキーレシート』と仰られているものは、ご利用いただいているお客様にご意見をお聞かせいただくための施策として実施しており、こちらにご協力、ご意見をお聞かせいただいたお礼として、トールのビバレッジを無料にてご提供しているものです。上記以上の詳細については回答できることがなく、本件のご取材は見送りとさせていただければと存じます」

 アンケート用の当たりレシートの存在自体はあっさり認めたものの、実施期間やレシートが出てくる確率などについても聞いてみたが、回答は断られた。

 そこで筆者はスタバ店舗で直接、店員さんにラッキーシートの存在とお店で出たことがあるかどうかを聞いてみた。

「あ、レアなレシートですね。このお店でも出たことがあります。確率はわかりませんが、何百回に1回とか…」(アリオ亀有店)

「当店でも出たことがありますが、私自身は見たことがありません」(御徒町春日通り店)

 店員さんにレシートの存在を隠す様子はなく、ヒソヒソ話にもならなかった。秘密裏に実施しているということではなさそうだった。

正式名称は「CVクーポン」

 スタバで以前アルバイトしていたというAさんによれば、巷で「ラッキーレシート」とか「当たりレシート」とか呼ばれているものは、正式には「CV(カスタマーヴォイス)クーポン」というものらしい。アンケート案内が記載されていて、CVクーポンに記載されたURLにアクセスするか、QRコードを読み込んでログインしてアンケートに答えると、好きなドリンクを無料で1杯プレゼントしてくれるというものだ。

RANKING

5:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合