NEW

中年男性が履くと致命的にダサい?安易に買うと痛い目を見る「夏のサンダル」ワースト5

文=清談社
【この記事のキーワード】, ,
「ファッション通販ZOZOTOWN」より
ファッション通販ZOZOTOWN」より

 近年、ミドルエイジ男性の夏のプライベートファッションといえば「半袖シャツ+短パン+サンダル」が定番となっている。何より楽なのでチョイスしてしまいがちだが、それなりのアイテムを揃えないと、だらしないオジサン感が増してしまうことも。特に気をつけるべきは「足元」なのだが、これが意外と難しい。そこで、暑さ対策や歩きやすさも含めて、選び方にちょっと気をつけた方がいいサンダルを、ファッション通販サイト「ゾゾタウン」から5つ紹介する。

Paraboot/PACIFIC ウーブンサンダル

 パラブーツは1908年にフランスで創業したという、信頼と実績のある老舗ブランド。足の甲部分を編み合わせた独特のデザインは、英国傭兵であるネパール人兵士が履いていた軍用靴が原型といわれ、モードな印象を受ける。さらに、機能性の面ではフィット性が高く、インソール部分に入っているクッション材のおかげで履き心地の良さも評価が高い。自社製のアウトソールも歩行感や耐久性に優れており、文句のない商品に思える。

中年男性が履くと致命的にダサい?安易に買うと痛い目を見る「夏のサンダル」ワースト5の画像1

 しかし、実際に履いてみると、普通のミドル男性に取って、このデザインはかなり着こなしレベルが高い。全体のコーディネートや身体的なスタイルを考えて選ぶべきだろう。さらに問題なのは、あまり「高見え」しない点だ。せっかくオシャレだと思っても、「こんなサンダルを履いた学校教師がひとりはいたな」という感想になってしまう可能性もあり、要注意商品といえる。

クスコピア サンダル ツー

 近年、人気が高まっているコードタイプのサンダル。紐で足をフィットさせるというシンプルな見た目と、おしゃれさが人気の理由だ。

中年男性が履くと致命的にダサい?安易に買うと痛い目を見る「夏のサンダル」ワースト5の画像2

 ただ、その一方で着脱がスムーズにできないというデメリットがある。細い紐ゆえに手を使わずに着脱することはなかなか難しく、履いたり脱いだりをある程度の頻度で行うシーンには不向きだろう。かかとに紐をかけず、スリッパのように履くパターンも推奨されてはいるが、それなら別の商品の方が適切だ。

 また、本商品はソール部分が薄く、心もとない。かかとや土踏まずなどが立体的ではないため、長時間歩くと疲れがたまることが予想されるのだ。おしゃれさ、カラーバリエーションなど良い点はあるが、機能性に不安アリなので購入の際はよく考えて決断してほしい。

THE NORTH FACE Base Camp Slide III

 足の甲を覆うようなタイプのサンダルはブランドに関わらず、多くの商品が販売されている。今回紹介するノースフェイスだけではなく、ナイキやアディダスなどスポーツブランドの商品が人気で、街なかで履いている人を見たことも多いだろう。

中年男性が履くと致命的にダサい?安易に買うと痛い目を見る「夏のサンダル」ワースト5の画像3

 しかし、これらのサンダルはタウンユースで長時間街歩きをするようなシーンには不向き。ラフすぎる印象を与えてしまうし、歩き心地も他の商品に劣るからだ。また、このようなサンダルは無駄にイカツい印象も与えがちなので、公共交通機関を使うときなどには避けた方が無難だ。

 ただ、自宅から徒歩圏内でのちょっとした買い物やジム帰りなどで履くには適しているので、用途に応じて購入を検討してほしい。

RANKING

17:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合