NEW

ジュエラーのローズS(G2)大敗の真相究明「桜花賞馬はもう終わったのか」張り巡らされる「煙幕」秋華賞に向けての「戦い」はすでに始まっている

【この記事のキーワード】

, ,

juera-.jpgジュエラー(左)とシンハライト(右)「JBISサーチ公式サイト」より

 牝馬クラシック最後の一冠・秋華賞(G1)に向けて、重要な前哨戦となった18日のローズS(G2)。春のクラシックを分け合った桜花賞馬ジュエラーとオークス馬シンハライトが集った一戦だったが、明暗ははっきりと別れた。

「今日は、着順を気にしていなかった。次につながる競馬ができるかどうか」

 何の見せ場もなく11着に敗れたジュエラーを管理する藤岡健一調教師はレース後、気丈にそう話したが、悔しくないはずがない。確かに桜花賞馬にとっては骨折休養明けの競馬で、今回はまず無事に回って来ることが最優先だっただろうが、ここまでの大敗は想定していなかったはずだ。

 雨の影響で重馬場の中で行なわれたローズSは、意外な形で幕を開けた。

 これまで両雄がぶつかった2戦、チューリップ賞(G3)と桜花賞(G1)は共に似たような位置でレースをしており、少なくとも道中でジュエラーがシンハライトの前に位置取ったことは一度もなかった。

 しかし、今回はシンハライトがいつも通りの後方待機を選択した一方で、ジュエラーは好位の5番手。逃げ馬を見るような形でレースを進めている。

 この決断をしたM.デムーロ騎手の狙いは「2つ」あった。1つはこの日の阪神が雨の影響で先行馬に有利な馬場状態であったことだ。つまりそれは「今」を重視してローズSを勝ちに行ったということだ。

 そして、もう1つは「先」にある秋華賞を見据えての競馬だった。

 ジュエラーはデビュー以来、ここまですべてスタートで後手を踏んでいた。そのため、レースの戦法は一貫して「極端な追い込み」だった。

ジュエラーのローズS(G2)大敗の真相究明「桜花賞馬はもう終わったのか」張り巡らされる「煙幕」秋華賞に向けての「戦い」はすでに始まっているのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!