NEW

フィエロ、ミッキーアイルに危険信号? 競馬評論家・鈴木和幸のマイルCS追い切り診断を公開!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
suzukisan.jpg

G1レースの追い切り診断を公開

 競馬評論家の鈴木和幸です。先週に続き今週は秋のマイル王決定戦マイルチャンピオンシップの追い切り診断を公開します。エリザベス女王杯のシングウィズジョイのような穴馬を見つけておりますので、ぜひ参考にしてください。

第33回マイルチャンピオンシップ(GI)注目馬の最終追い切り診断

 [イスラボニータ]は、4ヶ月ぶりの前走が体重6kg増の482kg、しかし、この体重でこれまでに走ったことがあり、すでに体はできているとの判断だろう、中間はとくに強いケイコはしていない。9日の1週前追い切りもウッド5F67秒9-38秒8-12秒7でゴール前強めに追った程度。今週は、先週のその追い切りで納得がいったとみえて、5F70秒7-40秒6-12秒6の馬なりとまったくの軽め。いささか軽すぎる気もしないではないが、四肢をしっかりと伸縮させ、重心を沈めるすばらしいフォーム、少しでも追えばいくらでも速い時計が出せたであろう脚勢だったから心配無用。仕上げはこれでいい。

 先週の10日に、ウッド5F66秒5-38秒4-12秒0をいっぱいに追い切った[ガリバルディ]。今週は控えるのかと思いきや、坂路51秒7-38秒0-12秒8の時計を出してきた。ほとんど追ったところなしでこの時計こそ、もっかの具合のよさの証し。事実、バネの利いた弾むような動きで、手綱をとった福永もしびれんばかりの手応え。3ヶ月ぶりを叩かれて今度は完調、これ以上は望めない。

 [サトノアラジン]は前走が上がり33秒8の鬼脚V、それだけに反動が心配されたが、12、13日と連続して時計を出し元気いっぱい、はつらつとしている。今週は併走相手を2馬身前に置き、直線併せ。半ばで並んだと思う間もなく、1馬身、2馬身と突き抜けてゴールしたときは5馬身の大差。前半をセーブしたので全体時計はウッド6F83秒4-38秒6にとどまったが、ラスト1Fは11秒5と爆発的な伸び。もたつきが見られた前走からこっち、ついに完成といいきれるすごいデキになった。

フィエロ、ミッキーアイルに危険信号? 競馬評論家・鈴木和幸のマイルCS追い切り診断を公開!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!