NEW

ナリタブライアン・ヴィクトワールピサに続くスター候補が!? G1馬多数輩出の出世レース「ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)」を制するのは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
keiba1121.jpg

 三冠馬ナリタブライアン。ドバイワールドCを制したヴィクトワールピサなど、数多くのスターホースを輩出している京都2歳S(G3)。クラシック戦線はもちろん。後のG1戦線にも影響を与える重要な一戦へ、今年も才能豊かな素質馬が集結した。

 まず注目したいのはヴァナヘイム(牡2歳、栗東・角居勝彦厩舎)。母の母は女傑エアグルーヴ、父はキングカメハメハの超良血。デビュー戦では、追わないままでの楽衝劇を披露と素質の高さを示している。断然人気に支持された萩Sは、勝ち馬に1馬身以上の差をつけられ2着。期待を裏切る形になってしまったが、敗因がスローペースでの位置取りにある事は明白。決して力負けではない。

 上がり3ハロンで最速を記録しているように内容は十分に評価できる。地力の高さを再認識できたレースであった。来春のクラシックが期待されている逸材なだけに、ココは確実に勝っておきたいところ。

 萩Sでヴァナヘイムに勝利している、プラチナヴォイス(牡2歳、栗東・鮫島一歩厩舎)も主役候補の一頭。デビューから2戦続けて4着と結果を残せずにいたが、次走でレコード勝ちを収め注目を集める。続く萩Sでは好スタートを切って前での競馬。直線では前走と同様に良い反応で伸び、断然人気のヴァナヘイムに完勝した。勢いに乗るプラチナヴォイスが、連勝している京都で重賞制覇を狙う。

 アダムバローズ(牡2歳、栗東・角田晃一厩舎)にもチャンスはある。

 距離延長に対応して2連勝を飾っている本馬。器用に前で立ち回る競馬は「安定感抜群」と高い評価を受けている。危なげない逃げを披露した、前回と同じ舞台という点もプラス材料だ。これまで休みを挟んで使われていたが、間隔を詰めて使える点も魅力。先手を取れれば上位争いは十分に可能であろう。

ナリタブライアン・ヴィクトワールピサに続くスター候補が!? G1馬多数輩出の出世レース「ラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)」を制するのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!