NEW

パチスロ「出玉規制」で”5円スロ”存亡の危機…… 増台希望率「5%以下」ネガティブ思考に陥る明確な理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「出玉規制」で5円スロ存亡の危機...... 増台希望率「5%以下」ネガティブ思考に陥る明確な理由の画像1

 ノーマルタイプやART機など、数十種類ものスペックが存在するパチスロ。持ち合わせの金額に応じて、その日の機種タイプを選択するユーザーは多い。なかには「○○を打ちたいけど軍資金が……」と頭を悩ませる人も当然ながらいるだろう。

 しかし、その悩みを解決する有効的な手段がパチンコ店には存在する。それが、従来のレートよりも低い軍資金で遊技できる「低貸」と呼ばれるものだ。

 本来、パチスロは「1枚20円」(以下、20円スロット)で遊べる。1000円で50枚のメダルを借りることができるが、消えるスピードはほんの数分だ。

 また、大当たりすることなく1時間遊技した場合、コイン持ち「現行機最低レベル」のAT機『ミリオンゴッド 神々の凱旋』『沖ドキ!』では、約3万円に相当するメダルが機械に吸い込まれる。そのため、軍資金によっては「20円スロット」を敬遠せざるを得ないのだ。

 では、低貸の場合はどうか。比較的多く見られる「5円スロット」の場合、その名の通り「1枚5円」でメダルを借りることができ、枚数に換算すると「20円スロット」の4倍にあたる200枚。投資スピードは「20円スロット」と比べ「1/4」となり、より長く遊べることが可能となる。

 このような営業形態を取るパチンコ店が年々増加する昨今。「20円スロット」を主流としていたホールでさえ規模は小さいながらも「5円スロット」を導入する所は多々あるのだ。

「2004年から普及し始めたとされる『低貸』はユーザーの減少傾向に対応しようと、業界内で活発化したことが始まりのようです。

射幸性を求めるユーザーは多いですが、手軽に安く遊びたいと思う人は当然いますよね。実際、低貸コーナーの稼働率は高い印象。なかには『20円スロット』を設置していない『低貸専門店』もありますよ」(記者)

パチスロ「出玉規制」で”5円スロ”存亡の危機…… 増台希望率「5%以下」ネガティブ思考に陥る明確な理由のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!