NEW

JRA「打倒クリソベリル」デアフルーグが来るべきリベンジに燃える! ユニコーンSで津村明秀の一撃は

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「打倒クリソベリル」デアフルーグが来るべきリベンジに燃える! ユニコーンSで津村明秀の一撃はの画像1

 16日、東京競馬場でユニコーンS(G3、ダート1600メートル)が開催される。3歳ダート王決定戦ジャパンダートダービー(Jpn1、ダート2000メートル)の前哨戦でもある。前走で無傷の連勝が途切れ、巻き返しを期すデアフルーグ(牡3歳、栗東・鈴木伸尋厩舎)について検討する。

 現3歳世代のこれまでのダート戦線を簡単に振り返る。昨年暮れの全日本2歳優駿(Jpn1、ダート1600メートル)を制したのがノーヴァレンダ。しかし、ノーヴァレンダは3月の伏竜S(オープン、ダート1800メートル)でデアフルーグの5着に敗れてしまう。5月の兵庫CS(Jpn2、ダート1870メートル)でクリソベリルが3戦全勝、5馬身差の圧勝。3歳ダート王候補の1番手になった。

 クリソベリルは父ゴールドアリュール、母クリソプレーズ。兄はジャパンダートダービー馬クリソライト、姉は宝塚記念馬マリアライトという血統背景からもジャパンダートダービー(以下、JDDと表記)では圧倒的人気になる。このユニコーンSは、JDDでクリソベリルへの挑戦権を獲得するための戦いと言っていい。

 ユニコーンSで1番人気が予想されるデュープロセスは父がダイワメジャーであるだけに2000メートルのJDDには距離不安がある。ならば、JDDでも楽しめそうな馬として浮上してくるのがデアフルーグ。デアフルーグの父ベーカバドは2400メートルのパリ大賞典(G1)の優勝馬であり、1200~1800メートルでも活躍した。産駒によって距離適性にはバラつきがありそうだが、デアフルーグは1800メートル戦を3連勝している。2000メートル戦に問題はないだろう。

 前走の青竜S(オープン、ダート1600メートル)は初の東京コース、初のマイル戦だったが、デュープロセスの2着に敗れた。今回は同舞台でデュープロセスとの再戦となる。巻き返しを目指したい。

「6月26日に行われる帝王賞(Jpn1、ダート2000メートル)では昨年のダート王に輝いたルヴァンスレーヴと数々のG1実績を誇るゴールドドリームの対決が話題になっていますが、両馬ともにユニコーンSの覇者です。超一流のダート馬になるためには東京のマイル戦ユニコーンSは勝っておきたいレースです。

 不思議なことにルヴァンスレーヴもゴールドドリームもユニコーンSの前走は1番人気で2着に負けているんですよ。デアフルーグも青竜Sは1番人気で2着でした。このユニコーンSを勝ってダートの名馬に成長していくかもしれませんよ(笑)

JRA「打倒クリソベリル」デアフルーグが来るべきリベンジに燃える! ユニコーンSで津村明秀の一撃はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事