NEW
堀田秀吾「ストレス社会を科学的に元気に生き抜く方法」

無理やり笑顔&背筋伸ばし、イライラや気分の落ち込みを解消…体の動作が脳を支配

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より

 皆さん、初めまして。今回から連載を担当させていただくことになりました、明治大学教授の堀田秀吾です。私は普段、大学で研究者として働いているのですが、「飲みの席には這ってでも行け!」を信条としておりまして(そんなタイトルの本も出版しております)、日々社交にも精を出しています。私がお付き合いさせていただいている方々には、経営者、スポーツ選手、芸能関係者などの社会で大きく活躍されている方々も多く、そんな付き合いのなかでいつも感じるのは、そういった方々は皆、すこぶる「元気」だということです。ここでいう「元気」というのは、身体の健康というよりは、やる気、情熱、覇気といった「心の元気」です。「心の元気」は、すべての活力の源泉なのだと常々感じています。

 そもそも現代社会はさまざまな情報が満ちあふれた、いわゆる「ストレス過多社会」であり、私たちは元気を奪われやすい環境に身を置いているのです。 
 
 そこで私の連載では、そんなストレスに対して科学的にアプローチをして、「ストレス社会」を元気に生き抜く方法をお話していきます!

 これまで人間は、朝早く起きて仕事をして、夜も早く寝るという非常にシンプルな生活を送ってきました。一方、現代人の生活は多種多様で、運動不足や不規則な生活といった、複雑な生活に変化しています。このように、これまで先人たちが当然に送ってきた「人間らしい生活」は、もはや私たち現代人にとっては極めて稀なものになっているのです。つまり、我々人間が生物として長く送ってきた生活が変化してきている、私たちはそんな大きな変わり目の時代を生きているのです。

 しかし、そんな疲れやすい環境に身を置く現代人には、先人たちが有していなかった大きな恩恵があるのです。その恩恵を使って、この大きな変わり目をうまく渡っていこうじゃないですか。

 その恩恵とは、科学です。現代では科学的な研究が活発に行われ、脳、心、身体の関係も明らかになってきています。そのため、何が人間にとってのストレスの原因なのか、どうすればストレスによる被害を最小限に抑えて元気に過ごすことができるのか。それが科学的に、理論的に明らかになってきています。

 私自身は、言語学、社会心理学、脳科学、法学の専門的知見を融合して社会の諸現象を分析する研究者です。ここでは、そういった知見を応用・発展させて、私が調べた、世界の科学論文などで紹介された信頼できるエビデンスのある元気になる方法を、皆さんにお伝えしていきます。

無理やり笑顔&背筋伸ばし、イライラや気分の落ち込みを解消…体の動作が脳を支配のページです。ビジネスジャーナルは、連載、うつ病患者ストレス運動不足の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!