NEW
大塚将司「反メディア的! その記事、ダマされていませんか?」第8回

大企業ブラック化、アベノミクスでも賃金上がらないワケ…ストしない連合の怠慢

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 間違っても、安倍首相に期待などしてはいけない。首相にとって大事なのは、今年夏の参議院議員選挙で自民党が勝利することであり、経済3団体のトップに賃上げを要請した、という証拠になるパフォーマンスが必要なのだ。実現しようがしまいが、どうでもよいのだ。3団体のトップもその辺を見透かしており、賃上げの言質を与えていない。

 緊張感のない労使関係は企業を堕落させる。それが20年以上も続けば、企業の力は衰える。責任の一端は労働者側にもある。20〜40歳代前半までのサラリーマンの多くにとってストライキは外国の出来事で、自分たちがその武器を持っていることすら知らないのではないか? 今春闘で連合がストライキもせず、経営者側に歩み寄るならば、首脳陣は総退陣すべきだ。
(文=大塚将司/作家・経済評論家)

【本連載のアーカイブ】
朝日新聞社長、安倍首相と“詫び入れ”会食の噂…主筆退任で紙面も擁護論調?
安倍政権でインフレ目標2%の保身に走った日銀の豹変…消費増税見送りも?
安倍自民“大胆”金融政策、朝日日経は反対、読売産経賛成?
日経新聞、復興予算流用“後追い”を“特ダネ”にすり替え!?
緊急出版でもボロ儲け目論んだ朝日、なぜ橋下徹からフルボッコに?

※本記事は、「週刊金曜日」(金曜日/930号)に掲載された大塚氏の連載『経済私考』に加筆したものです。

●大塚将司(おおつか・しょうじ)
作家・経済評論家。著書に『流転の果てーニッポン金融盛衰記 85→98』(きんざい)など

『髪の毛くるくるポイ 新型Cタイプ』 主張しないとくるくるポイされちゃう amazon_associate_logo.jpg

大企業ブラック化、アベノミクスでも賃金上がらないワケ…ストしない連合の怠慢のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事