NEW
「もう結婚に恋愛は要らない! ~恋愛しない若者たち」 第6回

若者既婚者の約半数が結婚前に同棲経験?同棲に潜む意外なリスク

文=牛窪恵/マーケティングライター、世代・トレンド評論家、有限会社インフィニティ代表取締 編集=平澤トラサク/インフィニティ
【この記事のキーワード】, , ,

 またシンガポールでも、結婚前の婚約段階で、新築物件に優先的に申し込める「公団住宅の優遇制度」などがある。「結婚すればお得」というコスパ感覚をアピールし、未婚・少子化の対策に国を挙げて乗り出しているのだ。

 こうした制度が、結果的に出生率の上昇につながっている国も多い。フランスのパックスも、もともとは同性愛カップルの保護のために成立したものだった。しかし、一方の意思のみで契約解消ができることに加え、税金などの優遇措置も受けられるという利点がうけて、異性愛カップルにも選択者が増加した。

 そして出生率も、パックス制定前の1.78から、12年には2.01と大幅に増加した。パックスがフランスの少子化対策に貢献したのは明らかだ。もっとも、制度だけでは少子化対策にはならない。

 中央大学文学部教授の山田昌弘氏は、『恋愛しない若者たち』のインタビュー取材中、次の名言を残した。

「日本は、ある程度お金のある人は忙しすぎて恋愛する時間がなく、お金がない人は
時間があっても自信がないため恋愛できない」

 その通りだろう。フランスも、あくまでも男性の残業や勤務時間数を減らすなど、ワークライフバランスとの両輪で出生率の向上につなげた。日本もサービス残業やブラック企業を野放しにせず、そろそろ働く男女にプライベートな時間を解放してあげるべきだろう。一朝一夕にはいかないが、今から始めなければ間に合わない。結婚・出産の適齢期は限られているのだ。

 恋愛の延長線上に結婚があってほしいと希望する若者が多い昨今だが、そもそも恋愛と結婚は相容れないものだ。むしろ「混ぜるなキケン」といったものであることについて、次回は言及したい。
(文=牛窪恵/マーケティングライター、世代・トレンド評論家、有限会社インフィニティ代表取締 編集=平澤トラサク/インフィニティ)

top_ushikubo1030.jpg

●牛窪恵(うしくぼ・めぐみ)
マーケティングライター、世代・トレンド評論家、インフィニティ代表取締役。1968年、東京都生まれ。日本大学芸術学部映画学科(脚本)卒業後、大手出版社に入社。その後、フリーライターとして独立し、国内外で行動経済(心理)学を学ぶ。2001年4月に、マーケティングを中心に行うインフィニティを設立。『所さん!大変ですよ』(NHK総合)、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系列)ほかでコメンテーター等を務める。トレンドやマーケティング関連の著書が多数あり、「おひとりさま(マーケット)」(2005年)、「草食系(男子)」(2009年)は、新語・流行語大賞に最終ノミネートされた。近著は『恋愛しない若者たち』(ディスカヴァー21)。

情報提供はこちら
『恋愛しない若者たち ~コンビニ化する性とコスパ化する結婚』 恋愛至上主義の終焉と結婚の危機! 恋愛とセックスと結婚の三位一体は崩壊! amazon_associate_logo.jpg

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合