NEW
鷲尾香一「“鷲”の目で斬る」

待機児童地獄・東京、幼稚園の年間費用50万で山口の6倍…1施設園児数は島根の7倍

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<園児数の多い都道府県>
大阪府:217.2人
愛知県:198.1人
神奈川県:197.0人
東京都:182.0人)

<園児数の少ない都道府県>
島根県:28.1人
青森県:63.7人
山梨県:76.0人

 同じ幼稚園といっても、島根県では1幼稚園当たり28人しか園児がいないのに対して、大阪府では200人を超える園児がいる。特に島根県は幼稚園数が15で、園児数が28人と子供の少なさが際立っている。ちなみに、もっとも幼稚園数が少ない徳島県では、園児数は106.8人となっており、全国でも中規模クラスの園児数だ。こうして比較すると、大都市圏の都府県に人口が集中し、それとともに子供が集中していることがわかる。

定員充足率と教員1人当たりの園児数


 次に、連合会の調査結果を使って、少し違う視点から見てみよう。せっかく子供を幼稚園に預けるのなら、教員の目が行き届いているところが良いと思うのは親心。そこで、定員充足率と教員1人当たりの園児数を見てみよう。

 <充足率の高い都道府県>
 滋賀県:92.8%
 東京都:87.5%
 神奈川県:85.3%

 <充足率の低い都道府県>
 島根県:42.1%
 高知県:46.8%
 徳島県:53.9%

 <教員1人当たりの園児数の多い都道府県>
 千葉県:14.6人
 埼玉県:14.1人
 神奈川県:14.0人

 <教員1人当たりの園児数が少ない都道府県>
 島根県:7.2人
 山形県:8.6人
 青森県:8.7人
 長野県:8.7人

待機児童地獄・東京、幼稚園の年間費用50万で山口の6倍…1施設園児数は島根の7倍のページです。ビジネスジャーナルは、連載、保育園幼稚園待機児童の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事