NEW
武神健之「優良健康文化をつくるために」

パワハラ上司、3つの性格類型…パワハラに無気力になった職場の「悲惨な結末」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

 最近、日本レスリング協会や日本大学アメリカンフットボール部の指導に関連して、パワーハラスメント(パワハラ)にまつわるニュースが世間を騒がせていました。スポーツ界は、先輩に絶対服従であったり、いわゆる根性論などの“体育会系”文化がまだ残る世界なのかもしれません。しかし、同じようなことが普通の職場でも起こっているというのが、産業医としての私の実感です。

 実際に企業で働く人の3人に1人が、過去3年間にパワハラを経験しているといいます。一口に上司によるパワハラといっても、具体的にその方法はたくさんあります。今回は、職場でも見かけるパワハラの典型例3つと、パワハラを起こす上司の3タイプについて、お話ししたいと思います。

“生贄”型


 まずひとつめは、“生贄”型です。

 このタイプのパワハラは、パワハラの対象=被害者は会社組織内の特定のひとりであることが多いのが特徴です。最近話題となった日大アメフト部では、“はめる(はまる)”という言葉で、この状態を表現していたようです。

 攻撃対象はある程度の期間で変わることもありますし、対象社員が退職か休職するまで続く場合があります。しかし、その対象はいつもひとりで、同時に複数人にハラスメントすることはありません。

 対象となった人の同僚たちは、毎日のように問題行動を目の当たりにしていますが、なんら手を打つことをしません。過去の経験から、勇気を出して行動しても何も変わらないということを学んでしまっているので、「自分だけは次の標的にはなりたくない」「自分じゃなくてよかった」と思っても、よほどの大事が起こらない限り、アクションは起こさないのです。そして、次の生贄に自分がならないように、パワハラ上司には絶対服従します。

 長期間にわたってストレスが回避困難な環境に置かれた人は、その状況から逃れようとする努力すら行わなくなってしまうという、学習性無力感が組織に蔓延していることも、パワハラ上司以外に問題なのです。

“無差別爆弾”型


 2つめは、“無差別爆弾”型です。

 このタイプのパワハラは、パワハラ上司は部下の誰に対しても、その日その時の気分によってパワハラを行います。しかし、爆弾は下にしか落ちることはなく、自分より上の役職に対して無礼は一切起こしません。

パワハラ上司、3つの性格類型…パワハラに無気力になった職場の「悲惨な結末」のページです。ビジネスジャーナルは、連載、ストレスパワハラ日本大学アメリカンフットボール部の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事