NEW
石原結實「医療の常識を疑え!病気にならないための生き方」

堀ちえみ、池江璃花子…若い人の「がん」罹患が増えている原因

文=石原結實/イシハラクリニック院長、医学博士
【この記事のキーワード】

, ,


 症状としては、舌の両脇に「硬いしこり」が触れることが多いが、その前に舌の表面に白い膜が張ったようになる「白板症」が出現することが少なくない。

 病期(ステージ)は0~4期まであり、全がん協加盟施設の調査によると、5年生存率は以下の通りであるという。

【5年生存率】
 1期:94.5%
 2期:78.7%
 3期:58.8%
 4期:45.1%

 治療は手術と放射線療法が主流である。

 堀ちえみさんは、ブログの中で「かなり厳しい状況です」としたうえで、「私は負けません。力いっぱい闘って、必ず戻って来ます。そして再びファンの皆様の前で、歌が歌えるようになりたい」と述べている。

「ステージ4」は確かに厳しい状況であるが、彼女が言うように「力いっぱい闘う」「負けない」という気力が、必ずや堀ちえみさんの治癒力を大いに促成してくれるものと信じている。

 英国のキングス・カレッジ病院での調査がある。

 同じ病気で同じような症状を持つ69人の乳がん患者の「気持ち」を尋ねたところ、「医師にすべて任せる、もうだめだと思っている人」と「何がなんでも治してみせるという前向きの意思を持っている人」の数が半々だった。

 5年後どうなっているかを調べたら、「前者が80%死亡していた」のに比べ、「後者は10%しか亡くなっていなかった」という。

「治そうとする強い意志」「笑う」「信仰心を持つ」「物事の良い面を見る」などという、「前向きの気持ち」はがん細胞をやっつけてくれる「NK細胞」(白血球の一種)の活性を増強してくれることがわかっている。
(文=石原結實/イシハラクリニック院長、医学博士)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ