NEW

20代女性が69歳男性に致死量100倍の覚せい剤飲まされ死亡…薬物の壮絶な苦しみ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 著名人や芸能人と同様に、社会的地位の高い人物の場合は口止め料の意味も込めて覚せい剤の価格が高くなるという。今回のケースについて、A氏は「ワシが売人だったら、通常の5倍ぐらいで売るよ」と語る。

 この事件の背景には、いったい何があるのか。今後の捜査で明らかになることを望みたい。
(文=稲垣翼/ライター)

20代女性が69歳男性に致死量100倍の覚せい剤飲まされ死亡…薬物の壮絶な苦しみのページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、事件薬物覚せい剤の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合