NEW
連載
高杉康成「コンセプト・シナジーな経営戦略」

たった120mlしか入らない「ポケトル」大ヒット、その“指摘されない意外な要因”

文=高杉康成/コンセプト・シナジー代表取締役、経営学修士(MBA)、中小企業診断士
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
POKETLE HP」より

 昨年、「ポケトル」が大ヒットしました。これは京都の中小企業が開発し、2018年11月に発売した120mlの小容量のマグボトルです。たった120mⅼしか入らないのですが、発売から累計100万本を超える大ヒット商品になりました。

 ヒット要因はいろいろと分析されていますが、筆者が分析する要因は、ずばり「ゲリラ豪雨と猛暑」です。なぜこれらが「ポケトル」のヒットにつながったのか。今回は社会環境の変化から生まれる新たなニーズという視点から見ていきましょう。

ポケトルのヒットは小容量という要因だけなのか

 ポケトルのヒット要因はさまざまなメディアで分析されていますが、代表的なのは小容量(1回飲み切りでちょうどいい)という点です。メインターゲットが女性で、500mlのペットボトルだと余ってしまうとのことで、1回飲み切りでちょうどいい分量がヒットの要因とのことです。また、高齢者などにも売れており、その要因は、薬を飲むのにちょうどよい分量とのことです。

 このような飲み切り、食べきり要因でヒットした事例は、コンビニで売っている少量のチョコレート、お持ち帰りのお土産などでも見ることができます。

 しかしながら、この要因には、1つ腑に落ちない点があります。それは「なぜ500mlのペットボトルではダメなのか」という点です。

 ポケトルの用途としては、カバンに入れて持ち運ぶことが想定されています。そうであれば、500mlのペットボトルを持って歩いても構わないことになります。ペットボトルだと蓋ができるため、飲み切りである必要性はより低くなります。量が足りなくことを考えると、むしろ500mlのペットボトルのほうが便利な場合もあります。そう考えると、単なる小容量だけがヒット要因ではないという見方もできます。

500mlのペットボトルではなぜダメなのか

 そこで、他の要因を探してみましょう。まず小容量とくれば軽量ニーズに対応したことが想像できます。120mⅼしか入らないわけですから、当然、その重量は軽くなります。500mlタイプのペットボトルだと重量が500gぐらいで、ポケトルは重量が120gで中身を入れても240gしかありません。つまり、軽いという付加価値が受けたと考えることができます。

関連記事