マイナポイント、確実に儲けられるスマホ決済はドコモd払い・Suica・WAON?の画像1

 9月1日から開始される「マイナポイント」。政府によるキャッシュレス還元事業は6月末をもって終了したため、今後はこのマイナポイントがお得なポイント&ペイ生活の基本となると見られている。申し込みは7月1日から始まっているが、まだピンとこないという人もいるだろう。

 だが、開始まで1カ月を切り、各ペイサービス事業者もスタートに合わせたキャンペーンを発表してきているため、今がまさに決断のときともいえる。そこで、まず今回はマイナポイントのシステムの解説とお得な決済サービスを紹介したい。

 マイナポイント事業は、マイナンバーカードの普及とキャッシュレス決済の促進を目的とした政府主導のキャンペーン。9月1日からスタートし、2021年3月まで実施される予定だ。その中身は、自身のマイナンバーカードとキャッシュレス決済サービスを紐付けることで、25%分のポイント還元が受けられるというもの。上限は最大5000円分と定められているため、フルにプレミアムを獲得するためには2万円の買物で5000円還元というのがマックスとなる。また、すぐに購入しなくても、キャッシュレス決済サービスに2万円分をチャージすれば最大5000円分のポイントを付与することも可能だ。

 ただし、マイナンバーカードの普及という側面からもわかるように、このサービスを受けるには、マイナンバーカードを取得しなければ始まらない。なので、ここからはマイナンバーカードの申請の方法を紹介していきたい。

マイナポイント、確実に儲けられるスマホ決済はドコモd払い・Suica・WAON?の画像2

マイナンバーは申請してから手元に届くのは1カ月後

 マイナンバーカードは身分証明書にも使用できるもので、持っていると行政の証明書がコンビニで発行できたり、確定申告の電子手続きにも対応したりと意外と使い道も多い。新型コロナウイルス対策の支援制度で給付された10万円の特別定額給付金も、マイナンバーカードを持っている人はネット上で申請が可能だったことは記憶に新しい。

 そんなマイナンバーカードであるが、取得の方法は2つある。ひとつは役所に申請に行き、後日自宅にマイナンバーカードが送られてくるもの。もうひとつは、パソコンやスマホ、郵便などで申請をし、受け取り時に窓口に取りに行く方法だ。

 手軽で顔写真も同時に撮れるスマホによる申請がベターだと感じるので、ここではスマホからの申請方法を述べていきたい。

 まず、スマホからの申請で入力が必要なのは(1)申請書ID、(2)メール連絡用氏名、(3)メールアドレスだ。(1)の申請書IDとはマイナンバー通知カードと同時に届いている「個人番号カード交付申請書」に記載されている。誰もが忘れている、この申請書IDを探すことが最大の難所だといえよう。申請書がない場合は郵送での申請か、申請書の再発行が必要になってしまう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ