警視庁「家族でできる防災訓練」ツイートが大好評…24時間、電気・ガス・水道なし生活の画像1
東日本大震災の津波で被災した石巻市立門脇小学校(gettyimages)

 災害は忘れたころにやってくる――。東日本大震災から8月11日で9年5カ月。先月30日に、首都圏では緊急地震速報が流れ、「ついに首都直下地震か」と関係各所ににわかに緊張が走ったことは記憶に新しい。誰もが災害への備えの必要性を感じている。だが、防災袋を用意したり、避難所の位置を家族で確認したりする以外に一般家庭にできることなどあるのだろうか? そんな疑問に対して警視庁警備部が今月12日、Twitterに投稿した次のような「家族できる防災訓練」が評判を呼んでいる。

実際に困ること、必要な物を明らかに

「災害の発生を想定し、家族6人(本人、妻、10歳、8歳、6歳、2歳)で、電気・ガス・水道を使わずに24時間生活してみました。終了後に家族で話し合い、様々な問題点を明確にすることができたのはよかったと思います。気付いた点をまとめましたので、添付資料を参考として下さい」

 災害発生を想定して「午前8時~翌日午前8時まで自宅マンションで電気、ガス、水道を一切使わないで生活してみた」というYoutuberのような企画だ。だが、さすがは震災をはじめ日本全国の大規模災害に派遣されてきた警視庁。電気、ガス、水道の3項目で「災害時に実際、何が困るのか」「何が手もとにあると良いのか」を非常にわかりやすくまとめている。

 電気の項目では「ライト·灯器類は、部屋に一つずつ置いておき、 さらに一人一つあると安心」「長女『夜は真っ暗になるので、 ライトを探すのも難しい』」「ランタン型のLEDライトが、 部屋全体を照らせて使いやすい」「電灯のスイッチ近くにタッチライト (100円ショップ等でも販売)を、両面テープで貼り付けておくと、日常に近い感覚で使える」などとすぐに実践可能な対策が提案されている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ